「無限の走行距離」そんな夢のソーラーカーができるって本当!?

digimono_immortus01

時速60km以内なら、いつまでも走り続けられるんですって!!

ますますエコカーの開発競争が進む昨今、いままでの自動車メーカーにはなかった超エコなソーラーカーを開発しているというベンチャーが、オーストラリアから名乗りを上げてきました。EVX Ventures社が開発しているとされるソーラーカー『The Immortus』は、ボンネットから屋根、そして車体のリア部までをソーラーパネルで覆った2シータースポーツ型電気自動車で、最高速度は時速150kmになるのだそう。

digimono_immortus02
▲電気自動車の市場規模はさらに拡大するとして、公式サイトでは出資者を募集している。

このソーラーカーについて発表されている性能のなかで、もっとも驚きなのは「十分なコンディションであれば、時速60km未満で永遠に走り続けられる」という触れ込み。おまけにフル充電なら太陽光が届かなくても400km程度は走れるというのですから、さらにビックリしてしまいますね。さすが、オーストラリアといえば映画「マッドマックス」シリーズを生んだ土地。ガソリンを節約することに関しては並々ならぬ執念のようなものが感じられますね。ガソリンエンジンを崇拝する「V8お祈り」なんてやっている場合ではありません。


▲「SEMA SHOW」の様子を収めた動画。

実車の姿がなにひとつ明らかになっておらず、本当に実現できるのか疑問に思ってしまうようなプロダクトではありますが、開発元のEVX Ventures社によれば、2015年11月に米国ラスベガスで開催される自動車パーツ見本市「SEMA SHOW」にスケールダウン模型を出展する予定とのこと。はたしてどの程度の革新的なソーラーカー技術が披露されるのか、今から楽しみにしたいところです。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
EVX Ventures社