ミニマル便利! 工具、ライト、空気入れになる1台4役の自転車スタンド

digimono_kickstand01

より身軽になりたいサイクリストなら必見。

スポーツ自転車の愛好家にとって、荷物は極力減らしたいもの。でもパンク修理の工具や空気入れは不可欠な存在でもあるんですよね。それらのアイテムをキック式のスタンドにひとまとめにしてしまったのが、『Kickstand Pump』というわけ。ちょっとだけ名前が似ているクラウドファンディング「KickStarter」にて出資を募っているところです。

digimono_kickstand02
▲分解してみると、LEDライトや空気入れのポンプといった部品が含まれているのがわかる。

『Kickstand Pump』は、走行時にテールランプとして動作するLEDライト、チューブを取り出す工具であるタイヤレバー、そして空気入れとしての機能を備えています。もちろんキックスタンドでもあるため、4つの役割をこなせる『4 in 1』スタンドと呼ばれています。


digimono_kickstand04

▲それぞれの機能の利用シーンは上記の動画でチェックしてみてください。

開発元によれば、こうした工具を全て持ち歩くと約430グラムになるところ、Kickstand Pumpなら196グラムまでギュギュッと絞り込めるとのこと。実際に工具を使って作業をするときにはスタンドとして機能しなかったりと、多機能ツールにありがちな弱点も見られますが、補助的な備えとしては悪くないのかもしれません。

digimono_kickstand03
▲パッと見で工具や空気入れが内蔵されているとはわからないスマートさ。

なお、Kickstarterキャンペーンでこのアイテムを入手するなら、現在は45ドル以上の出資枠に申し込む必要があります。気になる方はお急ぎくださいね。出荷開始は2016年3月の予定で、日本を含め世界各国に届けてくれるのだそうです。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
Kickstarterページ