【資金調達達成!】雑念カットボタンで仕事がグングンはかどる……かも?

digimono_saent01

「いつもみんなとつながっている」ネット時代、いいことばかりじゃないですもんね。

メールやチャット、無料通話アプリにSNSと、いつでもどこにいても友達とつながっていられるようになりましたが、一方で「集中して仕事をしなくちゃいけないのに、ネットからの通知で気が散ってしまう」という悩みもよく聞かれるようになりました。そんななか、集中してPC作業ができるようにしてくれるボタン型のデバイス『Saent』がクラウドファンディング「Indiegogo」に登場して注目を集めていましたが、ついに目標の5万ドルの調達を達成。製品化に向けて大きく前進しました。

このアイテムは、ボタンが押されると点灯し、周囲の人々に「集中しています」という意思をアピールしてくれると同時に、メールやSNSなど指定したアプリケーションからの通知をブロックしてくれます。さらに、仕事と無関係なウェブサイトやアプリケーションをロックしたり、開こうとした時に通知メッセージで手中を呼びかけたりもします。

ちなみに製品名である『Saent』の発音は、「聖人」を意味する「Saint(セイント)」に近く、まさに聖人君子に見張られているような感覚なのかもしれません。むむむー、ちょっとコワい……。

digimono_saent02 digimono_saent03
▲デスクトップアプリは、休憩までのタイミングを教えてくれたり、同僚と能率を競う機能も備えています。

もっとも『Saent』はスパルタなだけの存在ではなく、使っていくうちにユーザーにとって最適な休憩のタイミングなどを知らせてくれるようにもなるのだそう。また、集中して仕事をやり遂げるとポイントが加算され、同僚たちと作業能率を競い合う、なんて使い方も可能です。70×70×15mm、45gの小さなボディながら、なかなか賢くできているようですね。

digimono_saent04 digimono_saent05
▲小さなボタンはタッチ操作対応。発光するLED、無線接続のためのBluetooth、充電用のUSBも。

「Indiegogo」でのキャンペーンは9月9日まで。残すところわずかです。ソーシャル時代になって集中力が散漫になったとお嘆きのアナタ、今ならまだ間に合いますよ。39ドル以上のプログラムに参加することで『Saent』の実機を入手可能。ロードマップ通りに開発が進めば、2015年11月には出荷される予定です。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
Saent製品情報
Indiegogoページ