「サブスク」に+αで超快適!【定額制音楽配信+ポータブルアンプ編】

20150901_001_015

定額制音楽配信(サブスクリプション=サブスク)サービスの最大ビットレートは、AACの320kbps。iTunesでダウンロード販売している音源はAACの256kbpsよりも上だから、実際はなかなか良音。これをスマホの付属ヘッドホンだけで聴くのは惜しい。

しかし、ハイレゾのような特殊な再生環境を必要としないので突き詰めた性能は要らない。サービスの利便性とのバランスで考えていくと、音質以外の選択肢も広がっていくので、モノ選びとしても楽しい。

ここではサブスクを楽しむのに適したオーディオアイテムを、外出時に便利な「高音質Bluetoothヘッドホン」、室内で活躍してくれる「ワイヤレススピーカー」、ストリーミングでも音質を求めたい人向けの「ポータブルアンプ」の3ジャンルに分けてそれぞれ紹介してみたい。

サブスクでもイイ音で聴きたい! という人は今回紹介する「ポータブルアンプ」を導入してみてはいかがだろうか。お気に入りのヘッドホンがあってもスマホで十分な音量が得られない場合、「ポータブルアンプ」があればそれを補ってくれるのだ。DAC内蔵のデジタル接続なら音質のロスもない。またヘッドホンアンプ内蔵のBluetoothレシーバーを使えば、パワーアップと同時にワイヤレス化もできる。

 

まるでUSBメモリ。その重さ、わずか10gのヘッドホンアンプ
COZOY
Astrapi
実勢価格:1万8490円

20150901_001_016

何と言ってもDAC内蔵のポータブルアンプの常識を覆す、このサイズがすごい。小型化の秘密はバスパワー方式で本体にバッテリーを持たないこ
と。Android接続用のmicroUSB、iOS用のLightningケーブルが付属されている。

20150901_001_017
▲ポータブルとはいえ、普通のヘッドホンアンプはスマートフォンと同じくらいの大きさ。かさばるので持ち歩くのも億劫だが、この手の平サイズなら普通に付き合っていけそうだ。

SPEC
ポータブルアンプ 重量 10g 適応インピーダンス:16〜100Ω

 

ワイヤレスでもモアパワーを!
オーディオテクニカ
AT-PHA50BT
実勢価格:1万3590円

20150901_001_018

Bluetoothレシーバーに高出力ヘッドホンアンプを載せたのがこれ。ワイヤレスでも好きなヘッドホンが使え、aptXやAACコーデック対応で音質は万全な対応。

SPEC
Bluetoothポータブルアンプ 重量 29g 連続再生時間:約8時間

 

文/四本淑三 撮影/篠田麦也

※『デジモノステーション』2015年10月号より抜粋

関連サイト
Astrapi製品紹介ページ
AT-PHA50BT製品紹介ページ