「サブスク」に+αで超快適!【定額制音楽配信+ワイヤレススピーカー編】

20150901_001_009

定額制音楽配信(サブスクリプション=サブスク)サービスの最大ビットレートは、AACの320kbps。iTunesでダウンロード販売している音源はAACの256kbpsよりも上だから、実際はなかなか良音。これをスマホの付属ヘッドホンだけで聴くのは惜しい。

しかし、ハイレゾのような特殊な再生環境を必要としないので突き詰めた性能は要らない。サービスの利便性とのバランスで考えていくと、音質以外の選択肢も広がっていくので、モノ選びとしても楽しい。

ここではサブスクを楽しむのに適したオーディオアイテムを、外出時に便利な「高音質Bluetoothヘッドホン」、室内で活躍してくれる「ワイヤレススピーカー」、ストリーミングでも音質を求めたい人向けの「ポータブルアンプ」の3ジャンルに分けてそれぞれ紹介してみたい。

今回紹介するのは、「ワイヤレススピーカー」。スマホやPCで使う場合、スピーカーで聴く場合も断然ワイヤレスが便利だ。USBケーブルでつないでしまっては、常に手元で操作できるスマホの利便性が失われてしまう。

 

サイズを超えた低域再生能力を持つ驚異のスピーカー
Bose
SoundLink Mini Bluetooth speaker II
実勢価格:2万7000円

20150901_001_010

片手で持てるサイズで、シアターシステムのような低域を吐き出すから恐れ入る。これは2倍の空気量を動かすというドライバーと、その背圧で動くパッシブラジエーターによるもの。その振動を受け止める筐体はアルミの押出し成形だ。

20150901_001_011
▲スピーカー側から音量調整が可能で、内蔵マイクでハンズフリー通話に対応する(中央ボタン)。スマートフォンはポケットの中にしまったままでもOK。

20150901_001_012
▲本体は小型でバッテリー内蔵だから携帯もOK。音質重視でサイズの割には少々重いが、アウトドアでもすごい音でサブスクが楽しめる携帯性だ。

SPEC
Bluetooth ハンズフリー通話サイズ:W180×H51×D59mm 重量:670g 連続再生時間:約10時間

 

お風呂の中でも聴ける防水設計
アルティメットイヤーズ
UE ROLL
実勢価格:1万3910円

20150901_001_013

小型でデスクまわりでもサブスクが楽しめる。1メートルの水深に30分間放置しても平気な防水規格IPX7を満たす。だからうっかりお風呂に沈めても平気なのだ。

SPEC
Bluetooth 防水性能 IPX7 サイズ:φ135×H40mm 重量:330g 連続再生時間:約9時間

 

ワイヤレススピーカー最高峰の音質
イクリプス
TD-M1
実勢価格:13万3930円

20150901_001_014

解像度の高さではクラス随一のタイムドメインスピーカー。エンジニアやミュージシャンに愛用者が多い。サブスクには関係ないが内蔵DACは192kHz/24bitのハイレゾ再生にも対応する。

SPEC
AirPlay ハイレゾ対応 サイズ:W155×H242×D219mm 再生周波数帯域:70〜30000Hz

 

文/四本淑三 撮影/篠田麦也

※『デジモノステーション』2015年10月号より抜粋

関連サイト
SoundLink Mini Bluetooth speaker II製品紹介ページ
UE ROLL製品紹介ページ
TD-M1製品紹介ページ