え、これノイキャンじゃないの?Bose史上最小イヤホンの遮音性が驚異の領域に

20150905_1

あれ? 普通のイヤホンなのにノイズキャンセルみたいに静かだぞ!?

昨日発表されたBoseの新しいヘッドホン/イヤホンシリーズ。シリーズとして刷新されたものもありどのモデルも注目度が高いですが、個人的に「これは今までのBoseにはなかった!」と一聴して感心したのが『SoundTrue Ultra in-ear headphones』(実勢価格:1万8190円)というイヤホン。

なにが「今までのBoseにはなかった」のか? 結論から言ってしまうと、Boseのヘッドホンって特有のキレがあり深く響く低音が特徴的なんですが、このモデルの音はナチュラルでフラット傾向。しかも「これってノイズキャンセリングだっけ?」と思ってしまうほど遮音性が高いんです。

その秘密の一つが史上最小を実現したミニマムボディ。ドライバー口径は非公表ですが、他モデルと比較しても明らかにボディは小ぶり。これだけ小さいおかげで従来モデルよりも耳の奥深くに入り込み高い遮音性を生み出しているのです。

20150905_3
▲新開発のStayHear Ultraチップも遮音性に寄与しています。ソフトな付け心地だけどピタっとしっかり密着しました。

20150905_4
▲ケーブル同士のタッチノイズを低減させるため、ケーブルの交差点はしっかり区分けています。

さすがに同社のノイズキャンセリングモデル「QuietComfort」と比べてはいけませんが(『QC』は本気で半端じゃない消音性ですから!)、体感的には空調の音がほとんど消えるくらいの遮音性です。そこにクセが無く解像感の高い再生音が入ってくるので、ついつい時間を忘れてどっぷり聴き込んじゃいます。既存モデルよりも低域は控えめですが、豊かなミドルレンジは健在でボーカルものなどのポップスや中低域が豊富なジャズなどは、よりダイレクトに魅力を堪能できると思います。

一見オーソドックスなイヤホンに見えますが、今後Boseの代表イヤホンとなるに十分な実力を持ったモデルだと思います。

最後に同時発表された製品をざざっと紹介。すべて9月18日発売ですよ。

20150905_6
▲スタンダードなアラウンドイヤーヘッドホンは、『SoundTrue around-ear headphones II』(実勢価格:2万2140円)の1モデルに統一。

20150905_7
▲2年ぶりになるアラウンドイヤータイプのBluetoothヘッドホン「SoundLink around-ear Wireless headphones II」(実勢価格:3万4560円)。前モデルは脱着式のBluetoothユニットがありましたが、今回は完全に内蔵。NFCにも同社で初めて対応しており、使いやすさも向上しました。

20150905_5
▲防滴仕様のスポーツモデル「SoundSport in-ear headphones」はカラバリを刷新。左からチャコール、フロスト、ネオンブルー、パワーレッド、エナジーグリーンで、iOS向けモデル(実勢価格:1万6200円)は全色採用。Android向け(実勢価格:1万6200円)はチャコールのみ、オーディオ専用(実勢価格:1万2392円)はチャコール、フロストのみです。

文/玉造優也(編集部)

関連リンク
Bose