Netflix日本代表にインタビュー「なんで今?」「どこがすごいの?」

01

9月2日、国内でのサービスを正式スタートした世界最大のビデオ定額配信サービス『Netflix』(ネットフリックス)。既に大きな盛り上がりを見せているビデオ定額配信サービス市場に、日本では最後発となる彼らがどのように切り込んでいくのか。その思惑を、同社日本代表グレッグ・ピーターズ氏に聞きました。

世界で、そして日本でNetflixが選ばれる理由

──Netflixが世界No.1の映像見放題サービスとなった理由を教えてください。
今、全世界の人々がインターネットを通してコンテンツを楽しむようになっています。その中でもNetflixは今まで観たことのないコンテンツを楽しめるサービスとして評価されてきました。それは「今まで知らなかったコンテンツ」という意味に加え、「Netflixにしかないコンテンツ」という意味でもあります。

その上で、テクノロジーと使い勝手の良さを追求し、インターネットテレビの“体験”を特別なものにしたことがNetflixが支持されている理由なのだと考えています。

──「テクノロジーや使い勝手の良さ」について、もう少し詳しく教えてください。“特別な体験”とは具体的にどういうことですか?
まずは「4K」や「HDR」を駆使したリッチなコンテンツを手軽に楽しめること。既にたくさんの4Kコンテンツが揃っていますし、これからさらに増やしていきます。今後のオリジナル作品については原則的に全て4K画質。どこのコンテンツプロバイダーよりも4Kコンテンツを作っているという自負があります。

そして「レコメンド」機能です。Netflixには視聴履歴などを元に、ユーザー1人ひとりに最適な作品を紹介する機能が用意されており、次に観るべきおすすめ番組を教えてくれます。無数のコンテンツの中から自分だけのコレクションが自動的に作られるのです。

──「無数のコンテンツ」とは具体的にどれくらいの本数なのでしょうか?
コンテンツ数については現在、情報を公開していません。また、社内的にもそこに数値目標は設定していません。それよりも、あらゆる国のあらゆるユーザーの嗜好に対応できる幅広いジャンルのコンテンツを充実させていくことが重要だと考えています。

例えば日本はローカルなコンテンツが市場の大半を占めているという特殊な市場。Netflixではそれを踏まえた上で、日本の皆さんが観たいと思うコンテンツを充実させていくつもりです。

──先日、ベストセラー小説『火花』の映像化権をNetflixが取得しましたが、オリジナルコンテンツに関しても力を入れていくのでしょうか。
もちろんです。『火花』だけでなく、日本の作家や映像クリエイターたちと協力して、日本発のオリジナルコンテンツをどんどん制作していきたいと考えています。そして、それらを世界に向けてどんどん発信していきたいですね。

──それらNetflixオリジナル作品の強みを教えてください。
大きく2つあります。1つは、我々が世界中のユーザーがどのように番組を視聴しているかのビッグデータを持っていること。どういった作品が好まれるのかを適切に分析し、それを反映した作品作りを行なっています。

しかし、それが全てではありません。もう1つ大切なのが、素晴らしいビジョンと情熱を持ったクリエイターに作品作りをゆだねていること。予算も含め、可能な限り制限を設けないことで素晴らしい作品を生み出してもらおうとしています。

──グレッグさんおすすめのオリジナル作品はどれですか?
まずは『マルコポーロ』。大自然の壮大さや、微妙な色合いをぜひ4K画質で楽しんでいただければ。この作品では衣装やセットも全て4K画質を前提に作っています。そして世界各地を舞台にした『センス8』も素晴らしい。アイスランド、ベルリン、ソウルなどのそれぞれ異なる美しい町並みをこちらも4Kならではの映像美で満喫してください。

02

まずは日本との信頼関係を築いていくことを重視
──既に多くのビデオ定額配信サービスが始まっている中、日本進出がこのタイミングになったのはどうしてなのでしょうか?
Netflixは2007年のストリーミングサービス開始以降、まずはカナダや南米など、地理的に近いエリアを充実させていくことに重点を置いていました。2012年にヨーロッパ進出を果たし、これからいよいよアジア進出ということに。日本はその第一番手となります。決して、日本を軽視していたということではないんですよ。

──国内のビデオ定額配信サービスでは最後発ということになりましたが、勝機はどのあたりにあるとお考えですか?
実は他のサービスに「勝つ」ということはあまり意識していません。むしろ、皆で共存し、成功を分かち合うというイメージを描いています。ただ、その上で、ユーザーの皆さんに末永く愛用していただくために3つのポイントを重視しました。それがここまでにお話しした「テクノロジー」「使い勝手」「コンテンツ」です。

──価格設定についても教えてください。SD画質、HD画質、4K画質と、月額料金を解像度ベースとしたのはなぜですか?
月額950円(税別)の「スタンダードプラン」に加え、スマートフォンなどでの利用がメインで、解像度にあまりこだわらないという人にはより安価な月額650円(税別)の「ベーシックプラン」を用意しました。4K画質で視聴するためには月額1450円(税別)の「プレミアムプラン」に加入する必要がありますが、これは高品位な4K画質作品の予算をしっかり確保し、満足いただけるコンテンツを生み出すためです。価格とコンテンツの質のバランスを踏まえた結果、こうしています。

──Netflixは「マルチデバイス」に対応していますが、テレビ、スマホ、タブレット、PCなどの中で最も重視しているものはどれですか?
全てのデバイスを重視していますが、最も使われているという意味で「テレビ」を中心に考えています。ただ、ほとんどのユーザーがデバイスを併用しており、家ではテレビ、外ではスマートフォンというふうに使い分けしています。テレビで途中までみた作品の続きをスマートフォンで観られる機能なども用意していますので、ぜひともいろいろなデバイスを試してみてください。レコメンド機能なども、全てのデバイスで全く同じように動作します。

──最後に日本のテレビファンに向けてメッセージをお願いします。
いよいよ9月2日からNetflixが日本でも利用できるようになりました。今、我々がもっとも重視しているのが、日本の皆さんと信頼関係を築いていくこと。視聴者、コンテンツプロバイダー、そしてテレビメーカーなど、テレビを中心とした全ての皆さんと手を取り合って、素晴らしいテレビ体験を提供していきたいと願っています。

ユーザーの皆さんにはとにかくまず一度Netflixのサービスを試していただければ。最初の1カ月は無料でお試しいただけるので、まずは我々の豊富なコンテンツを楽しんでみてください。

03

文/山下達也(ジアスワークス) 撮影/樋口涼

関連サイト
Netflix