アプリで奏法自由自在! iPhone内蔵エレキギターでRockしろ!!

digimono_fusionguiter01

これぞ「スマートギター」と言ったところでしょうか。

今やあらゆる電化製品にスマートフォンが接続されるようになり、「スマート◯◯」なんて名乗るようになってきましたが、楽器もどうやら例外ではないようです。オーディオ製品を思わせる黒いボディの『Fusion Guiter』がまさにそれ。アンプ/スピーカー内蔵のエレキギターにiPhoneドックを装備し、アプリと連動してさまざまな演奏スタイルを楽しめるスマートギターなのです。

digimono_fusionguiter02 digimono_fusionguiter03
▲樹脂製の中空ボディ内部は、ギターというよりオーディオ製品のよう。

digimono_fusionguiter04
▲iPhoneドックは交換式。いまのところAndroid端末には対応していません。

『Fusion Guiter』のボディには、出力20Wのアンプとフルレンジのスピーカー一式、12時間の動作が可能なバッテリーといったパーツ、そしてiPhone(5および6、第5世代iPod touch)に対応した交換式ドックが内蔵されます。ネックこそメイプルとローズウッド材を採用していますが、ポリマー合成樹脂製のボディは上級者にはちょっと物足りなく思えるかもしれません。

digimono_fusionguiter05 digimono_fusionguiter06
▲手元で画面を確認しながら楽曲をおぼえたり、初心者の練習用に適しています。

しかしながら、ギター初心者が練習用に選ぶ最初の一本としては悪くないのかも。ギター教則アプリやYouTubeをはじめとした動画レッスンを手元で確認しながら練習ができます。

digimono_fusionguiter07 digimono_fusionguiter08
▲エフフェクターから録音環境までアプリが充実。アップルの『GarageBand』にも対応。

また、音色を変化させるエフェクターがアプリとして提供されるのも、なかなか高価な機材を揃えられないビギナーにとって嬉しいところ。アプリではループシーケンサーや8トラックレコーダーも用意されるため、プロ/セミプロが簡易的な作曲環境として利用することも可能。ギターとiPhoneだけあれば演奏できる身軽さは、外出先でも活躍してくれそうです。

digimono_fusionguiter09
▲スマートギターは、ギタリストたちにどのように評価されていくのでしょうか。

この『Fusion Guiter』は、すでにクラウドファンディングでの目標資金調達を達成。量産化ののち、799ドルでの発売が予定されています。残り期間わずか、かつ日本への発送はありませんが、「Indiegogo」では400ドル引きの399ドルで入手できる出資枠もあり。ボディのデザインとボディ材質は大きく好みが分かれそうですが、新しいモノ好きのギタープレイヤーなら、注目しておきたいアイテムなのではないでしょうか。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
MODOBAG製品情報
Indiegogoページ