【3分でわかる】アップルイベントの前に押さえておきたい4製品のウワサ

01

さぁ、9月9日(日本時間9月10日午前2時~)。アップルが新製品発表のスペシャルイベントを開催しますよ。果たしてどんなものが発表されるのか、イベントの前にネットのウワサを押さえておきましょう。

もちろん主役はiPhone 6s
さまざまなメディアが新型iPhoneは『iPhone 6s』となり、現行の『iPhone 6』の改良版であろうと伝えています。サイズはほとんど変わらず(0.数mm程度大きくなるという情報も)、カラーにはApple Watchにもあるローズピンクが追加されるとされています。

情報サイト「9to5 Mac」は新型iPhoneに搭載される圧力感知機能「Force Touch」が、Apple Watchに搭載されたものよりさらに高機能で、3段階の強さ(タッチ、プレス、強くプレス)を認識する「3D Force Touch」になるとも報道しています。

また情報サイト「Apple Insider」によると、メインカメラは1200万画素、インカメラが500万画素。「9to5 Mac」によれば、4K動画の撮影にも対応するとのことで、発売日は9月18日が濃厚とされています。

02
▲現行の『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』。画面サイズは変わらないというウワサが主流です。

ゲーム市場を狙う第4世代Apple TV
セットトップボックスのApple TVも3年半ぶりの新型登場が見込まれています。「Apple Insider」によると、CPUが『iPhone 6』や『iPad Air 2』と同じ「Apple A8」系に強化され、音声アシスタント「Siri」をサポート。これにより、各サービスをまたいでのコンテンツ検索が可能になるとしています。

またリモコンはモーション感知およびタッチ操作に対応し、ゲームコントローラーとしても利用可能になるほか、Bluetooth接続のワイヤレスゲームパッドにも対応。「Apple Insider」によるとApple TV専用のApp Storeが登場してアプリがインストールできるようになるとのこと。ゲームアプリによって、据え置きゲーム市場に強力なプレーヤーが参入することになります。

03
▲iPhoneやiPadのゲームをテレビに出力して楽しむ活用法をもともと推していましたが、これからはApple TVだけでゲームをプレーできるようになるのか!?

新しいバリューを創出する13インチクラスのiPad Pro
これまで9月のiPhone発表イベントとは別に、10月に発表を行ってきたiPadですが、今回はiPhoneと同時の発表になるのではないかと見る予想が大勢を占めています。それらの予想としては、iPad Airの新型は登場せず、miniの新型(iPad mini 4)と、iPad Airよりもさらに大型ディスプレイを採用する「iPad Pro」シリーズが登場すると考えられています。

液晶が大きくなれば当然、パソコンに近い作業環境も要求されるでしょう。「Mac Rumors」によれば、「iPad Pro」は12.9インチの液晶を採用し、キーボードサポートなどが強化される見込み。アップルはiPad Pro向けにワイヤレスキーボードの新型を発売するとも伝えています。発売は今年後半になる見込みです。

Apple Watchに新色が加わる
アップル製品の予想の正確さに定評があるKGIセキュリティーズのミン・チー・クオ氏は、「Apple Watch SPORT」にイエローゴールドとローズゴールドが追加される見込みだと伝えています。同色は現在、100万円を超える最上位グレードの「EDITION」でのみ選択可能ですが、これを最も安価な「SPORT」にも適用。また、エラストマー製のSPORTバンドの新色が登場するとも伝えています。

Apple WatchについてはWi-Fi通信が可能になったり、単独で動作するアプリ開発が可能になる「watchOS 2.0」正式版の発表もほぼ確実視されており、いよいよApple Watchが真の実力を発揮することになるでしょう。

04
▲すでにイベントの特設サイトが用意されているので、10日の午前2時(日本時間)はここをチェックです。

と、簡単にまとめてみましたが、ポイントは理解できましたか? 例年通りアップルのウェブサイトでライブストリーミングが実施されるので、ぜひその目で結果を見届けてくださいね。

文/倉田吉昭

関連サイト
アップルイベント特設ページ