次世代クリップ革命か!? カラビナやS字フックへと自在に変形する『Qliplet』

digimono_qliplet01

時と場所によって、欲しいフックのカタチって違うんですよねー。

そんなわけで、とりあえずコレひとつだけバッグにカシャッとぶら下げておけば安心な、次世代クリップ『Qliplet』をご紹介。パッと見た感じは登山用品のカラビナみたいですが、状況に応じてS字フックや吊り下げフック、バッグハンガー等々に早変わりするスグレモノなのです。

digimono_qliplet02
▲展開すると、ちょうど2つのフックを組み合わせたような形状。中央に回転軸があるのがポイントです。

可動部分が多いので強度が気になるところですが、主要部品には航空機グレードのソリッドビレットアルミニウム6061が使われており、最大で23kgの荷重に耐えるとのこと。フック自体の重量は約56グラム、大きさも幅約7.6センチ、長さ約9.5センチとほど良いサイズ感。普段から持ち運べば、小さいながらも頼もしいアイテムになってくれそうですね。

digimono_qliplet03
▲利用シーンはいろいろ。アイデア次第では日常の思わぬところが便利になりそう。

外出先で一時的にバッグを掛けておいたり、旅行の際に増えがちな手荷物をフックでまとめるといった使い方が想定されますが、他にもスポーツやレジャーの様々な場面でも活躍してくれるのではないでしょうか。ちなみにこの『Qliplet』は、現在「Indiegogo」にて出資を募っている最中。アーリーバード版の製品が入手できる出資枠は15ドルからで、出荷予定は12月の初旬となる見込みです。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
Qliplet製品情報
Indiegogoページ