「音の良いオーディオ機器は、例外なく美しい」という法則

20150910_001_000

ホームオーディオは、家庭で趣味として楽しむためのもの。だから、見た目の印象や質の高い仕上がりはとても重要だ。音楽を聴いているときはもちろん、そうでないときでも部屋を彩るインテリアとして相応しいものを選びたい。

もちろん、音質は重要だ。だが、ある程度目と耳が肥えてくると見た目で選んでも失敗することがなくなる。例えばオーラ。ミニマムサイズに必要な機能を盛り込んだ合理的な設計で知られるブランドのポリシーがきちんとデザインに表れている。スピーカーはより個性的なデザインのものが多くなる。曲面を多用したものが多いのは音の不要な反射を無くすため。理に適った機能美がそこにあるのだ。だから、音の良いオーディオ機器は例外なく美しい。そして逆もまた真なり。音だけでなく、自分のオーディオルームにマッチする美しい形で選ぶというのも、趣味のオーディオの醍醐味なのだ。

 

■FMチューナー内蔵CD/AMP一体型レシーバー
Aura
note V2
実勢価格:34万5600円

20150910_001_001

CDプレイヤー、FMチューナー、192kHz/24bit対応USB DAC機能を備えた一体型システム。ロンドンはペンタグラム出身のプロダクトデザイナー、ケネス・グランジによる機能美に富んだデザインを踏襲しながら、最新のオーディオ機能を凝縮した見事な一台だ。特に美点となっているCDのドアはガラス製のスライドドアで回転するディスクの姿すら美しい。角を丸めたアルミボディの作りや円形ボタンの配置も絶妙。

 

■ネットワークCDレシーバー/スピーカー
marantz/Bowers & Wilkins
M-CR611/CM1S2
実勢価格:21万3840円(パッケージ価格)

20150910_001_002

CD、ネットワーク再生、Bluetooth対応の一体型システムと、B&Wのコンパクトな2ウェイスピーカーの組み合わせ。同ブランド初のエントリープレイヤーでありながら、高級モデルと同じシンメトリーデザインを採用し、品位のあるデザインに仕上げた。ブルーのイルミネーションは4色から切り替えられるポップな側面も持ち合わせる。スピーカーは、B&Wの高級機にふさわしい質感の高いピアノブラック仕上げだ。

 

■ライティングオーディオシステム
YAMAHA
Relit LSX-170
実勢価格:6万4800円

20150910_001_003

LEDによる間接照明を一体化したBluetoothスピーカー。スピーカーを上方に向け音を360度に広げる配置を採用。「Light and Music Relight Your Heart.」というメッセージから生まれる音と光の融合をスピーカー部で表現した、その独特なレイアウトを魅力的にライトアップすると共に、部屋全体を良質な光と音で満たす。スマホのコントロールアプリで明るさを好みに調節して光を演出できる。

■スピーカー
ANTHONY GALLO
MICRO SATELLITE
実勢価格:4万9680円〜6万4800円(カラーによって変動)

20150910_001_005

長年オーディオファンに愛されるフランスのスピーカーブランドによる、φ102mm球体スピーカー。鈍く光るアイアンボディが高級感を携える。7色のカラーが用意されており、インテリアコーディネートに合わせた配色が可能。置き場所を問わない大きさと形状をいかし、テーブルスタンドや壁掛け/天井吊り金具などをオプションで用意しており、多彩な設置ができる。

 

■ワイヤレススピーカー
Bang & Olufsen
BeoLab 18
実勢価格:86万4000円(ペア)

20150910_001_006

Band & Olufsenの名機、『Beolab 8000』のデザインを現代的にリファインしたモデルで、デジタル入力にも対応した音響技術的にも最先端をいくスピーカーだ。足元の円錐形状はアルミ感の削り出し、北欧の木工職人によるルーバー状の木製カバーなど、優れた技術と最新の加工、そしてブランドのデザイン思想を合わせた美しきプロダクト。このペア1つで部屋の雰囲気を別次元へと誘う。

 

■スピーカー
ANTHONY GALLO
Reference Strada 2
実勢価格:12万9600円(1本)

20150910_001_004

球体スピーカーを2個組み合わせ、モダンなデザインでまとめあげたコンパクトなスピーカー。ボディ全体からはみ出るほど巨大なスピーカーは、インテリアとしての超大な存在感を示すとともに、デスクトップだけでなくリスニングルームのスペースまでも埋め尽くすサウンドを放つ。その秘密もやはり音の広がりを最適化するスピーカー形状にある。デザインが音に寄与する理想形だ。

 

文/鳥居一豊 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2015年10月号より抜粋

関連サイト
note V2製品紹介ページ
M-CR611製品紹介ページ
CM1S2製品紹介ページ
Relit LSX-170製品紹介ページ
MICRO SATELLITE製品紹介ページ
BeoLab 18製品紹介ページ
Reference Strada 2製品紹介ページ