やったぜアップル。iPhone 6s/6s Plus、iPad Pro、Apple TV……大量の新製品が来た!

01

一挙にたくさんの製品が登場しすぎて、お金がいくらあっても足りません!

アップルは9月9日(日本時間9月10日)、新製品発表会を開催して、iPhone、iPad、Apple Watch、Apple TVの新製品を発表しました。iOS系の製品が一気にアップデートされるという、過去にない規模の大量の新製品発表だったんですよ。まずはそれぞれの概要をざっくりと眺めていきましょう。

新色追加! 見た目は同じでも中身が一新した新型iPhone

iPhoneは新型CPU「Apple A9」を搭載しした『iPhone 6s』および『iPhone 6s Plus』として再登場。ボディカラーは従来の3色に加えて「ローズゴールド」が追加されている。ボディの素材がApple Watchと同じアルムニウム7000を採用しているので、強度が増しています。

02
▲4.7インチの『iPhone 6s』と5.5インチの『iPhone 6s Plus』。液晶パネルの仕様は5シリーズと同じ。本体サイズは0.1〜0.2mmほど大きくなり、また重量も『iPhone 6s』が14g増えて143g、『iPhone 6s Plus』が20g増えて192gです。

03 04
▲シルバー/スペースグレイ/ゴールドの3色に加えて、ローズゴールドが追加。

新機能としては、Apple Watchなどの「Force Touch」よりも一歩前進して、軽いプレス「ピーク」とやや強いプレス「ポップ」を認識する感圧ディスプレイ「3D Touch」を搭載。新しい操作はホーム画面のアイコンやメールなどで利用できます。

また、4K動画の撮影に対応した1200万画素iSightカメラと500万画素のFaceTimeカメラを搭載。静止画撮影時にピーク/プレス操作で、撮影した前後のサウンドや動画まで撮影する「Live Photos」が利用できるのが新しいところです。

このほか通信規格では最大300MbpsのLTE-Advance(Cat.6)に対応したほか、無線LANがIEEE 802.11acの2×2 MIMOに対応。理論上、最大867Mbpsでの通信が可能とのこと。

『iPhone 6s』『iPhone 6s Plus』の発売は9月25日。予約開始は9月12日から。ストレージは容量16GB/64GB/128GBで、SIMフリー版の価格は『iPhone 6s』が8万6800円から、『iPhone 6s Plus』が9万8800円からなので、円安相場を反映した価格設定になったのが若干残念かも……。なお、「iOS 9」は先行して9月16日に公開されるので、既存のiPhoneユーザーはそちらにも注目です。

05

iPadはウワサ通り、やっぱり大きくなりました

かねてよりウワサのあった大型iPadこと『iPad Pro』も発表されました。画面は12.9インチで、解像度は2732×2048ピクセル(約560万画素)。CPUには「Apple A9X」を搭載。iOS機器としては初めて4スピーカーを搭載しており、縦位置、横位置のどちらでもステレオサウンドを楽しめるそうです。

06
▲ボディカラーはシルバー/ゴールド/スペースグレイの3色。

ストレージ容量はWi-Fiモデルが32GBと128GB、LTEモデルは128GBのみ。発売は11月と少し先なので、まだ日本での価格は発表されていません。ちなみに米国では799ドル〜1079ドルとのこと。

07
▲12.9インチというと、もはやキャンパス!? ゲームの迫力もグッと高まりますね。

また、iPad Proに新たに追加された「スマートコネクタ」に接続する、液晶カバー兼用キーボード『Smart Keybord』(169ドル)と、傾きや筆圧を感知するスタイラスペン『Apple Pencil』(99ドル)もアクセサリーとして登場しています。

08 09
▲『iPad Pro』と同じく11月に登場する『Apple Pencil』。筆圧や傾斜もきちんと読み取ってくれます。

このほか、iPad miniに新製品の『iPad mini 4』が登場。内部は『iPad Air 2』と同じスペックです。iPadの販売ラインは旧モデルを含め、これで『iPad mini 2』『iPad mini 4』『iPad Air』『iPad Air 2』『iPad Pro』になります。

10

Apple Watchも新色追加! エルメスコラボもあり

5月に発売されたばかりのApple Watchは、最上位グレードの『Apple Watch EDITION』に用意されていた「ローズゴールド」と「イエローゴールド」の2色が、下位グレードの『Apple Watch SPORT』にも追加されました。ケースはアルミニウムで、カラーによって価格が変わることはない模様。一方、スポーツバンドも新色が追加されて全16色。Apple Store限定の「PRODUCT(RED)」も登場するそうです。

11
▲新色のApple Watchは日本から販売されます。

また、Apple WatchにエルメスのApple Watch用バンドを組み合わせた『Apple Watchエルメス・コレクション』が10月5日から販売されます。価格は1100ドルから。

12 13
▲まさかのエルメスとのコラボレーション。エルメスなので、やっぱり革製バンドですよね。

このほか、Apple Watchでネイティブアプリが使えるようになる「watchOS 2.0」が9月16日から公開されることが発表されています。iPhoneがない場所でも、Apple Watch単独でWi-Fi経由でインターネットに接続できるようになるとのこと。

専用アプリが動く! 待ちに待ったApple TV

『Apple TV』も3年半ぶりに刷新されて第4世代に突入。本体形状は第3世代のものを縦に2倍程度厚くしたようになり、CPUに「Apple A8」を採用しています。インターフェースはこれまでと変わらず、テレビとの接続はHDMI。無線LANはIEEE 802.11ac(2×2 MIMO)に対応したので、より大きなデータを円滑にやり取りできそうですね。

14
▲ちょっと厚くなりましたが、性能の向上を考えると仕方ないところ? 付属のリモコンはタッチ操作対応でスワイプができるようになっています。

ユーザーインターフェースも刷新されて、iOSのようなフラットデザインを採用。さらに音声認アシスタント「Siri」が搭載され、iTunes Store/Netflix/Hulu/HBOなどのコンテンツをまたいで串刺し検索可能になったそうです。

15
▲すっきりとしたインターフェースになりました。

そして注目は、アプリの追加ができるようになり、ゲームなどもApple TV専用のものが提供される予定なのです。いままではiPhoneやiPadの画面を映してゲームをするだけだったので、これは画期的ですね。

16
▲ちなみに、これまでiOSベースのOSとだけ呼ばれてきたApple TVのOSに、正式に「tvOS」の呼称が付けられて、専用アプリやサービスの開発向けにSDKが公開されています。専用アプリを作れるようになったので当然ですよね。SDKは本日より入手できます。

Apple TVの価格は、ストレージ32GBで129ドル、64GBで199ドルで、販売は10月下旬から。日本での販売価格はまだ発表されていません。

最低限の情報をまとめましたが、いかがですか? まだ日本での状況がハッキリしていないところも多いので、今後の追加情報にも注目です。

文/倉田吉昭

関連サイト
Apple