アイデア賞! ソケットに挿すだけでOKな、防犯カメラ内蔵LEDライト

digimono_sengledsnap01

目立たず、シンプル、かつ効果的。

ワイヤレスネットワーク対応の防犯カメラをの設置を検討しているなら、こんな便利なアイテムは見逃せませんよ。照明用のソケットに差し込むだけで使えるWi-Fi防犯カメラ『Sengled Snap』です。

考えてみれば、「人間が視認したいエリア」でもある照明の範囲をカメラで撮影するというのは、なかなか理にかなっているようにも思えます。もちろん通常のLEDライトとしての役割はそのままにカメラ機能をプラスした製品なので、今ご利用の照明器具と交換するだけで、すぐに防犯に役立ってくれます。配線などの工事が一切不要なのも嬉しいですね。

digimono_sengledsnap02 digimono_sengledsnap03
▲電球を取り替える感覚で設置できる防犯カメラ。とってもお手軽。

digimono_sengledsnap04 digimono_sengledsnap05
▲HD録画が可能なカメラと、光量を調節できるLEDライトが詰まったコンポーネントです。

IP54の防水防塵に対応しており、Wi-Fiの電波さえ届けば屋外から地下室まで設置する場所を選ばないのもポイントです。また、超広角レンズおよびデジタルズームでフルHD画質の撮影ができ、暗所でも撮影できるナイトビジョンモードまで備えていますよ。

digimono_sengledsnap06 digimono_sengledsnap07
▲スマートフォン・タブレットから遠隔チェックできるのは、現代の防犯カメラの基本機能ですよね。

最近のネットワークカメラと同様、Android、iOSのアプリから照明、カメラともに遠隔コントロールが可能で、外出時にも自宅の様子を逐一確認することができますし、侵入者に気付かれにくいというメリットもあるかもしれません。

そんな『Sengled Snap』は、クラウドファンディング「Indiegogo」で資金調達チャレンジの真っ只中。99ドルで1台、190ドルなら2台の製品が10月出荷でゲットできるアーリーバード・プログラムとなっていますが、残念ながら今のところ出荷は北米地域に限られている模様です。うまく行けば日本でも入手できる日が来るのでしょうか。気になるアイテムですねー。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
Indiegogoページ