電動自転車がこんなにマッチョに! 極太タイヤは男のロマンだ

digimono_xterrain01

電動アシストでパワーもりもり!──しかも、それだけじゃない!!

砂浜やダート、そしてちょっとした不整地でもグングン走れちゃいそうな安定感。悪路ではペダリングが困難になりがちな自転車の弱点を、電動アシストと極太タイヤで克服した『XTERRAIN』なるエクストリームな乗り物が登場です。サスペンションを備えた前輪は交換式で、あらゆる地形に対応してくれるのだそうですよ。公式動画を見ていても、その走破性能はとっても魅力的。

サーフボードキャリアでも装着できれば、湘南あたりのサーファーにも人気が出そうですよね。ビーチのみならず泥濘地、草原、砂利道や砂丘といった難所も走れるとあって、今までのマウンテンバイクなどとも一味違った楽しみ方ができそうです。

digimono_xterrain02 digimono_xterrain03
▲タイヤ以外の部品も安定のブランドがチョイスされてます。

『XTERRAIN』のパワーの源となっているのが、シマノ製6段変速ギアシステム、サムスン製48V 9Ahのリチウムイオンバッテリーと出力500Wのモーター、そしてルックス上の特徴のひとつともなっているROCKSHOXフロントサスペンションといったパーツの数々。そして何と言っても、リア26×4.5インチ、フロント20×10インチの極太タイヤの迫力は圧巻と言えるでしょう。

digimono_xterrain04 digimono_xterrain05
▲ああ、見れば見るほどカッコいい。カスタマイズ熱を刺激するルックスです。

ちなみにこの『XTERRAIN』、現在「Indiegogo」で資金調達チャレンジ中ですが、アーリーバード特典で車体を入手できる枠は1499ドル。「高すぎてちょっと手が出ないよ……」という人のために(?)69〜99ドルでタイヤだけ、さらに149ドルでフロントフフォークだけもらえるという謎な出資枠もございます。

digimono_xterrain06
▲なぜか出資特典にビーチハンモックが。「水着ギャルはついてきません」ってなーんだ。

なお、自転車と何の関係があるのかは全く不明な、ハンモックを99ドルでゲットできる出資枠なんてモノも……。しかも「このハンモックには水着ギャルは付属していません」って、昔のガンプラの箱絵かよ!

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
XTERRAIN製品情報
Indiegogoページ