実質的に破壊不能!? 世界で最もタフなLightningケーブル

01

読者諸氏も毎日お世話になっている人が多いであろう、iPhone/iPad用のLightningケーブル。USB Type-Cに先んじること2年あまり、両面リバーシブルのコネクターはとても使い勝手がいいですが、一方でケーブルの脆弱ぶりを指摘する声も少なくありません。ケーブルやコネクタの強度を高めて切断しにくくした、いわゆる強化型のケーブルが一大市場を形成しています。

そんな中、強化ケーブルの決定版と思わせる製品が登場しました。Fuse Chicken社の『TITAN』です。

02 03
▲超高強度ながら、自在に丸められる伸縮性もキープ。結んじゃうことだってできます。

ケブラーで覆われたグーグルの海底ケーブルを差し置いて「世界で最もタフなケーブル」と大きく出ただけあって、そのスペックはかなり強烈。MFI(Made For iPhone)認証を取得した工業規格レベルのLightningケーブルを、フレキシブルな二層の高強度鋼板(高張力鋼板)で覆ってあります。一層でなく二層というところがキモで、これによりかつてない強度を誇っています。同社いわく「実質的に破壊不能」とまで。

06
▲ケーブル部分だけではなく、当然コネクター部分も強化されています。ペットがいたずらしても、もう安心!?

その自信は同社のプロモーションムービーで、ちょっとやりすぎなレベルまで紹介されているので、百聞は一見に如かずでぜひご覧ください。たぶんこのケーブルを破壊するのは対物ライフルか何かを持ってこないといけないのではないでしょうか?


04 05
▲やりすぎ!明らかにやりすぎです!

“製造してから死ぬまで使える”という『TITAN』ケーブル。これだけの強度を誇りながら、1mで39ドルというリーズナブルな(?)価格設定も魅力です。家にケーブルをかじっちゃうペットのいるご家庭での利用はもちろん、クルマが故障した際の牽引ワイヤー代わりとか、ビル火災の際に窓から脱出する際の切り札(?)としてもいかがでしょうか。

文/倉田吉昭

関連サイト
TITAN製品情報