スマートウォッチ? いやいや時代はスチームパンクなテスラウォッチだ!

150915_tesla_watch_01

スマートウォッチといえばIT系の最先端ガジェットですが、その割にのっぺりしていて、あまりギーク感に満ちた感じがしない製品が多いですよね。その一方、普通の腕時計にはデザインで冒険しているものがたくさん……。そんなエキセントリックな腕時計の中でも、ギーク感に溢れる一品としてご紹介したいのが『テスラウォッチ』です。

「テスラコイル」や磁束密度の単位にその名を残し、無線トランスミッターや蛍光灯など現代でも広く使われるさまざまな発明を残す天才発明家ニコラ・テスラから名前をとったこの腕時計、使い込まれた真鍮風の風合いや真空管風の飾り(中身はLED)、太く厚いレザーバンドに固定しておけるゼンマイ巻き用の大きなネジ、時針・分針と秒針が別の文字盤に分けてあるなど、実にスチームパンク風。これだけゴテゴテといろいろ付いてますが、アラーム機能ひとつないただのアナログ腕時計です。

150915_tesla_watch_02
▲ニキシー管風のLEDが泣かせます。まあ、実際のところ、スチームパンクとテスラってあまり関係ないんですけど。

150915_tesla_watch_03
▲ネジはありますが、動力源はボタン電池3種類です。なお、内部のムーブメントは信頼と安心の日本製ですよ。

ありとあらゆるギミックがすべてハッタリで構成されていて、いっそ清々しいくらいなんですが、案外ウェアラブルなガジェットに求められているのは心拍数だ歩数計だのという実用よりも、こういうハッタリかもしれないと思わせられます。気になる価格は59.99ドル。日本からでも「ThinkGeek」で購入できますよ。

文/倉田吉昭

関連サイト
製品販売ページ(ThinkGeek)