海水からでも飲用水が作れる!浄水機能つきアウトドアクッカー

150918_aquablaze01

サバイバルに必要不可欠なものって、キレイな水なんです。忘れがちですけど。

食料になるものを調達して火を起こすことさえできれば、煮炊きといった調理はどこでもできます。しかし肝心なのは引用に耐えらえれる「水」の確保。山中の濁った水たまり、さらには海水からでも真水を作れるアウトドアクッカー『AquaBlaze』があれば、そうしたピンチを切り抜けられるかもしれません。

『AquaBlaze』にはガス、電気は一切不要。焚き火の要領で枯れ木などを燃やせば、炊事や給湯ができます。持ち運び時には各ユニットをスタッキングして小さくまとめることができ、キャンプやバーベキューへの持ち込みも簡単そうです。

150918_aquablaze02 150918_aquablaze03
▲一見すると普通のBBQコンロだが、最大の特徴が、この浄水機能。

150918_aquablaze04 150918_aquablaze05
▲飲み水の確保はもちろん、お湯を沸かせるので簡易シャワーとして利用することも。

1時間あたり2リットルの水を浄化できる浄水機能、そして50~100℃のお湯を作り出せる給湯機能によって、飲料水の確保だけでなくシャワーとしても利用できます。災害時などでも、暖かいシャワーを浴びることができるだけで心身には大きなプラスとなるものです。

150918_aquablaze06
▲スタッキング状態(左)と、各ユニットを広げたところ(右)。

クッカー直径が30cmの『A300』(269ドル)、ならびに直径36cmの『A360』(299ドル)という2つのモデルがあり、それぞれIndieGOGOへの出資によってアーリーバード製品を入手できます。出荷予定は2016年3月の予定。

クラウドファンディングがうまく行って量産が開始されれば、きれいな水の確保が困難な国や地域の生活改善にもつながる可能性があるかもしれませんね。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
IndieGOGOページ