PlayStation VRを東京ゲームショウ2015で体験!あの日夢見た未来がここに

20150919_vr_02

『マトリックス』のように、『ソードアートオンライン』のように、体ごと仮想空間に入りこんでみたいと思ったこと、ありませんか?

そんな夢を叶えてくれるのが、今話題のVR(仮想現実)システム『PlayStation VR』。9月17日〜20日開催の東京ゲームショウ(TGS)でプレイアブル出展されていた同システムを、がっつり体験してきました!

20150919_vr_01

『PS VR』は、PlayStation 4、PlayStation Cameraと組み合わせて楽しむVRシステムです。VRヘッドセットを頭部に装着すると、3D空間がプレイヤーを取り囲み、頭の動きに合わせて映像が360度リアルタイムに変化。上を向けば頭上の映像が、振り返れば背後の映像が広がり、ゲームの世界に入り込んだかのような体験ができます。なお、発売は2016年上期を予定。9月15日のSCEプレスカンファレンスで正式名称が発表されるまでは、『Project Morpheus』の仮称で知られていました。

20150919_vr_03
▲VRヘッドセットを装着。PlayStation Cameraで頭部の位置や動きをトラッキングします。ヘッドセットに映し出される映像は外部モニターにも出力されるので、周りで見ている家族や友達といっしょに楽しめます。

今回TGSに出展されたのは全10タイトル。今年6月にロサンゼルスで開催されたゲームショウE3に出展された3vs3のオンラインシューター『RIGS: Machine Combat League』、女の子とふたりきりで親密なひと時を過ごす『サマーレッスン』、戦慄のVRホラー『KITCHEN』、初音ミクが歌い踊る『SEGA feat. HATSUNE MIKU Project VR Tech DEMO』、家族で楽しめそうな『THE PLAYROOM VR』のほか、『ファイナルファンタジーXIV: VRタイタン討伐戦』、『サイバーダンガンロンパVR 学級裁判』、『真・三國無双7 VR DEMO』など国産タイトルのVRデモも公開。さらに、アニメ制作会社サテライトによる『体感合体『アクエリオン・EVOL』』、究極のヒトカラ体験ができる『JOYSOUND VR』といった異業種によるデモも。ビジネスデイ初日から大勢の来場者が殺到し(試遊予約は瞬殺!)、注目度の高さをうかがわせていました。

20150919_vr_04
▲話題の『サマーレッスン』。金髪美少女と黒髪女子高生、どちらかを選んで親密なひと時を過ごせる夢のパラダイス!

20150919_vr_05
▲コントローラーを使うゲーム、頭の動きだけで操作するゲーム、PlayStation Moveコントローラーを使うゲームなど、操作方法はさまざま。

『PS VR』の凄さは、なんと言っても仮想空間の中に“存在する”感覚。「ゲームへの没入感が……」とか言ってる場合じゃありません。自分がゲームの中にスコンと入り込んじゃうんですから。モニターを隔ててゲームの世界に接するのではなく、確かにその世界に“いる”んです。今回初めて『PS VR』を体験したデジモノステーション編集スタッフからは、「VRはここまで来たのか!」という驚きの声も。そうなんです、昔思い描いた世界が体験できる日は、すぐそこまで来ているんです!

ロボットの操縦桿を握り、敵機を撃破しながらゴールを目指す『RIGS』なんて、SFの中に描かれる未来のスポーツそのもの。初音ミクが手の届きそうな至近距離で歌ってくれる『SEGA feat. HATSUNE MIKU Project VR Tech DEMO』もVRライブの未来を感じさせてくれるし、コントローラーを握らせることで両手が拘束された状態を表現し、ゲーム内のキャラクターと自分とを同一化させる『KITCHEN』の仕掛けもお見事でした。アクション、ホラー、ライブ、ファミリー向け、キャラクターものなどジャンルも多岐に渡り、あらゆる分野でVR技術が活用できそうな可能性も感じました。アニメやカラオケなどゲーム以外でもイケますよね、コレ。

20150919_vr_06
▲ひとりがVRヘッドセットをかぶり、他のプレイヤーがコントローラーを操作する非対称型対戦アクション『PLAYROOM VR』は、ファミリーで楽しめそう。いい大人がここまで笑顔になることってあるでしょうか。

しかも、今回のTGSでは、VRシステムの問題点である「VR酔い」を解消すべく、各メーカーが相当気を使っているのもわかりました。正直、E3では(ごく一部のデモですが)、視点の上下動や急激な方向転換により乗り物酔いのような症状に見舞われたことも……。でも、今回出展されたタイトルは、ほぼVR酔いなし! 自キャラを自分自身で移動させると酔いやすい傾向がありますが、例えば『真・三國無双7 VR DEMO』では自分はほとんど動かず敵のほうから襲いかかってくるようになっていたり、『体感合体『アクエリオン・EVOL』』でも後方に流れていく映像でロボットの動きを表現したりと、工夫と配慮の跡がものすごく感じられたんですよね。安全かつ快適に楽しめるようハード・ソフトの両面から工夫を重ねたことで、また一歩製品化への距離が縮んだように感じました。

「百聞は一見に如かず」と言いますが、『PS VR』は「かぶってなんぼ」。体験すれば、一発でこの凄さが伝わります。SCEでは今後も各地のイベントで『PS VR』を出展予定。ぜひ一度試してほしい!

文/野本由起

関連サイト
PlayStation VR
東京ゲームショウ2015