耳をふさがず音楽や通話ができる、クールな骨伝導ヘッドフォン

01

ヘッドバンドをまく感覚で音まで伝わってきます。

ヘッドフォン、といえば耳を覆ったり、耳に入れたりするものと相場が決まっていますが、ここに耳にまったく触れない新しいスタイルのヘッドフォンが登場しました。それが今回ご紹介する『BATBAND』です。

02
▲なんていうんでしょう、こういうの。逆カチューシャ?

『BATBAND』は空気を伝わった音が鼓膜を振動させて聴覚神経に伝わる「気導音」ではなく、頭蓋骨を伝わる振動が直接聴覚神経に伝わる「骨導音」を使って音を伝える、新しいスタイルのヘッドフォンです。もっとも、骨伝導自体は補聴器などで使われていますし、携帯電話の一部機種などでも、周囲の騒音にもかかわらず音が聞き取りやすいとして採用されています。

実際『BATBAND』は耳を塞がないので、音楽などを聞きつつも周囲の音も聞き取れるという利点があります。例えば歩きながら音楽を聴きたいが、イヤホンで耳をふさぐわけにもいかないという場合に便利です。頭の後ろを通して装着するので、パッと見にイヤホンをしているように見えないというのもいいですね。

スマートフォンとの接続はBluetoothで行います。また、マイクを内蔵しているのでヘッドセットとしても利用できます。ボリュームの上げ下げやトラックの移動はタッチ&スワイプ操作で直感的に行えるとのこと。バッテリーはリチウムイオン充電池で、1回の充電で6時間の利用が可能と、ごく一般的なワイヤレスヘッドフォンとして使えます。

03
▲右側がスライドパッド、左側に電源を兼ねたボタンが用意されています。

クラウドファンディング「Kickstarter」ではすでに予定調達額の約2倍を集め、2016年春の出荷に向けてプロジェクト進行中。気になるお値段は約250ドルです。

文/倉田吉昭

関連サイト
BATBAND製品情報
Kickstarterページ