ついに発売、iPhone 6s。「3D Touch」ってどうなの?

20150925_001_001

“グッ”と押し込んで使うこれまでにない新UI

新型『iPhone 6s』最大の特長となっているのが、この3D Touch機能。内蔵圧力センサーがユーザーの押し込む力を検知して、より複雑なタッチ操作を実現するというものだ。その1つが「Peek」で、例えばリストやサムネイル表示されているデータを、強く押し込んでいる瞬間だけプレビューできる。いちいち「戻る」必要がないため、手早くデータ内容を確認可能だ。

そのほか、ホーム画面のアイコンを強く押し込むことでアプリの特定機能を呼び出すことができるショートカット機能「クイックアクション」も便利。こちらも、アプリ起動後の数タップを省略できる。

ただし3D Touchを利用するにはアプリ側の対応も必要となる。その仕様に関しては、既に公開されているため、今後は多くのアプリで使えるようになるはずだ。

20150925_001_002
▲ディスプレイパネルの下に配置された圧力センサー。3D Touchの動作にはこのセンサーが必須となるため、残念ながら従来モデルでは利用できない。

20150925_001_003 20150925_001_004
▲押し込むと振動のフィードバックでその強さを教えてくれるため、数度使えばすぐに慣れるはずだ。

3D Touch入門編
3D Touchの基本はPeek & Pop!!
3D Touchの最も基本的な機能の1つがプレビュー。任意のデータの詳細をリストやサムネイルなどを強く押し込むことで「Peek」(チラ見)できるのだ。そのまま指を離すとプレビュー解除に、より強く押し込むことでそのデータがポンッと開く(Pop)。まずはこの機能から3D Touchの魅力を実感していこう。

【Safari】
20150925_001_005
▲メールなどに書かれたURLをPeekするとアクセス先の表示がプレビュー表示。いちいちSafariに切り替える(&戻る)必要なし。

【写真】
20150925_001_006
▲カメラ撮影中、左下のサムネイルをPeekすると過去画像を確認可能。押し込みながら左右にスクラブすることで前後の写真に切り替え。

【メール】
20150925_001_007
▲メールのリストをPeekすると内容のプレビューができる(Popで全文表示)。複数のメールから任意のメールを探したい時に便利だ。

【マップ】
20150925_001_008
▲「Safari」と同じく、メールなどの住所表記をPeekすることで、その場所の地図をプレビュー。Popでマップアプリが起動する。

3D Touch上級編
クイックアクションで操作をショートカット!!
アプリ起動後の面倒な数ステップを飛ばしてやりたいことをすぐに始める
カメラアプリなら「セルフィーを撮る」「ビデオ撮影」など、これまでアプリ起動後に数タップ操作して切り替えなければならなかった機能を瞬時に呼び出せる「クイックアクション」。ホーム画面上のアプリをグッと押し込むとメニューが表示されるので、そこから任意の機能を選ぶだけ。ただしアプリによってはアクションが用意されていないものもある。

20150925_001_009

3D Touchを使いこなせば作業効率が大幅アップ!!
20150925_001_010 20150925_001_011 20150925_001_012
このほかにも3D Touchにはさまざまな活用法が用意されている。例えば、Peek時に上にスワイプして機能メニューを呼び出したり(メールアプリでは左スワイプで削除することも可能)、プロフィール写真を強く押し込んで、そこから電話やメールを発信したりといったことが可能だ。

編集部がTouch & Impression
3D Touchは「感圧タッチ」とは違う!!
『Apple Watch』の感圧タッチなど、実はこれまでのアップル最新製品でも画面を押し込むというUIは実装されていました。しかし、今回の3D Touchはそれよりも遙かに便利で実用的。押し込む強さによって動作が変わるなど、これまでにないフィーチャーを多数盛りこみ、より使いやすいものに洗練させているのです。バイブレーション制御機能「Taptic Engine」を使ったフィードバックも良好。全く新しいUIですが、違和感なく使い始めることができるでしょう。

20150925_001_013
▲個人的には「写真」アプリのサムネイル表示から手軽にプレビューできるのが気に入っています。

文/山下達也(ジアスワークス)、編集部 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2015年11月号より抜粋

関連サイト
アップル