今が旬! 定額ビデオ配信(SVOD)をまとめてみる

01

定額料金を支払うと、映画やドラマ、アニメなどが見放題になるSubscription Video on Demand(SVOD)。「Netflix」の日本上陸を機に、にわかに活況を呈しているSVODの現状を比較・解説する。

02
Hulu(フールー)
豊富なコンテンツと対応デバイスで牙城揺るがず
2011年に国内サービスをスタートしたSVODの代表格。対応デバイスが豊富で、場所を選ばずいつでも続きを視聴できる。コンテンツも映画、ドラマ、アニメに限らず、バラエティ、音楽番組など多岐に渡り、その数は約1万3000本。昨年に日本テレビがHuluの国内事業を譲り受けたため、同局のコンテンツが充実している。

03
▲主要メーカーのテレビ、モバイル機器、ゲーム機、セットトップボックスなど、とにかく対応機器が豊富。マルチデバイス対応で、どこにいてもコンテンツの続きを視聴できる。

【月額料金】933円(税別)
【主な対応デバイス】Hulu対応テレビ、iOS、Android、Windows、Mac、PS3/PS4、Wii U、ニンテンドー3DSほか

04
Netflix(ネットフリックス)
独自番組を多数携えて日本上陸したSVODのパイオニア
9月に日本上陸を果たした、世界最大級のSVODサービス。配信画質、同時アクセス可能数によって値段の異なる3プランが用意され、最上位プランでは4K画質での視聴もできる。5.1ch対応の作品も多く、画質・音質にこだわる人におすすめ。マーベル原作の『デアデビル』、フジテレビとの提携による『テラスハウス』新シーズンなど独自コンテンツに強く、今後も芥川賞受賞作『火花』の初映像化など話題性に富んだ作品が控えている。

05
▲SD画質限定のベーシック(650円)、HD画質で同時に2人視聴できるスタンダード(950円)、HDまたは4K画質で同時に4人視聴できるプレミアム(1450円)の3プランを用意している。

【月額料金】933円~1450円(税別)
【主な対応デバイス】Netflix対応テレビ、iOS、Android、Windows、Mac、PS3/PS4、Wii Uほか

06
dTV(ディーティービー)
春の刷新以降コンテンツも機器も拡充
NTTドコモとエイベックスが提供する「dビデオ」が、4月から「dTV」に刷新。コンテンツが拡充されフジテレビ作品が増えたほか、映画やドラマの先行・独占配信、ライブ映像配信も始まった。一部作品はダウンロード視聴でき、PCからでもデバイス登録した端末にダウンロードできる(Android端末のみ)。キャリアを問わず利用できる上、対応テレビも増加中。

07
▲専用セットトップボックス「dTVターミナル」(実勢価格:7500円)を導入すれば、手持ちのテレビで「dTV」や「dアニメストア」などのコンテンツを視聴できる。マルチデバイス視聴にも対応。

【月額料金】500円(税別)
【主な対応デバイス】dTV対応テレビ、dTVターミナル、iOS、Android、Windows、Mac、ひかりTVチューナーほか

08
Amazonプライムビデオ
プライム会員は実質無料でビデオ見放題!
お急ぎ便、日時指定便などさまざまな特典が受けられる「Amazonプライム」会員を対象に、新たなSVODサービスがスタート。会員であれば追加料金なしで国内外の映画、ドラマ、アニメ、Amazonオリジナル製作作品などが見放題に。月額換算にして約325円という安さにも注目。

09

【月額料金】3900円(税込み)
【主な対応デバイス】FireTV、Kindle Fire、iOS、Android、Windows、Macほか

10
TSUTAYA TV
新作も視聴できる定額制プランが新たにスタート!
約1500タイトルのビデオ見放題に加え、新作2本を視聴できる1080円分相当のポイントを毎月付与。対応テレビが豊富な点もうれしい。さらにSVODとネット宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」をセットにした、見放題+借り放題プラン(月額2417円・税別)も新たにスタート。

11

【月額料金】933円(税別)
【主な対応デバイス】TSUTAYA TV対応テレビ、iOS、Android、Windows、Macほか

12
dアニメストア
アニメ特化系:格安価格で1300作品見放題
月額わずか400円で、最新アニメから懐かしの名作まで約1300作品がアニメが見放題のSVOD。NTTドコモとKADOKAWAが展開するサービスだが、視聴はドコモ以外のキャリアでもOK。スマホやタブレットにダウンロードして視聴できるため、通信環境を気にせず楽しめるのもありがたい。

【月額料金】400円(税別)
【主な対応デバイス】iOS、Android、Windows、Mac、dTVターミナルほか

13
バンダイチャンネル
アニメ特化系:「ガンダム」シリーズはお任せ!
950作品以上のアニメ・特撮動画が見放題。中でも「機動戦士ガンダム」シリーズを始めとするサンライズアニメに強いのが特長。見放題作品の入れ替わりが激しいが、追加・終了予定がわかりやすく視聴計画を立てやすい。対応デバイスも多く、利便性に優れている。

【月額料金】400円(税別)
【主な対応デバイス】iOS、Android、Windows、Mac、Kindle Fire、Wii Uほか

14
ビデオパス
通信キャリア系:auユーザーならお得に見放題
auユーザーを対象にしたサービス。見放題対象タイトルを好きなだけ楽しめる上、毎月新作1本分のレンタルチケットがもらえる。国内コンテンツが豊富で、一部の作品はダウンロード視聴機能に対応。「auかんたん決済」で通話料とまとめて支払いできる。

【月額料金】562円(税別)
【主な対応デバイス】iOS、Android

15
UULA
通信キャリア系:音楽に強いモバイル系SVOD
ソフトバンクとエイベックス・エンタテインメントによるモバイル端末向けSVOD。ミュージックビデオやカラオケに強く、ライブの独占配信も。各社iOS、Android端末に対応するが、ソフトバンクスマホなら携帯電話料金と一緒に月額料金を支払える。

【月額料金】467円(税別)
【主な対応デバイス】iOS、Android

文/野本由起

※『デジモノステーション』2015年11月号より抜粋

関連サイト
Hulu
Netflix
dTV
Amazonプライムビデオ
TSUTAYA TV
dアニメストア
バンダイチャンネル
ビデオパス
UULA