「ディーガ」新モデル速報。“全録じゃない6チューナー”搭載でBDレコ市場激震!

BRG2010-s

意外すぎる選択肢、でもこういうのを待ってたという人も多いはず。

パナソニック「ディーガ」の新製品5モデルが一挙発表になりました。
いわゆる全録ではないノーマルなBDレコーダーで、数あるレコーダーの中でも一般的に人気のあるゾーンです。

新モデルでは、新番組のスタートが近付くと番組表で通知してくれる「新番組おしらせ」や、録画した番組の中から随時おすすめのものをかき集めて表示する「新着番組」といった機能を新搭載。
“録り逃し”の防止と、大量の録画番組の“効率的視聴”を強化しています。

正面BRG2010-s

そんな今回のラインナップでも特に注目すべきは、最上位の『DMR-BRG2010』

この機種、HDDを2TB、地上・BS・110度CSチューナーを6系統積んでいますが、このスペックにも関わらずなんと全録モデルではありません。
想定実勢価格は10万円前後で、“チューナー数がやたら多いレギュラー型のBDレコーダー”という位置付けです。

いわゆる全録モデルは、パナソニックでは「全自動」と謳っているように、指定したチャンネルの全番組を常に自動録画する仕組み(しばらく経つと古くなった番組は自動的に消去される)。放っておいても全部録画されるのが便利なわけですが、マメに録画予約をする習慣がある人にとっては逆にたくさん番組が録画されすぎる、ムダが多いといった側面もありました。

『DMR-BRG2010』は、従来は3チューナーだったモデルが一挙にチューナー数を倍増し、値段もほぼ据え置きに近い設定としたことで「レギュラー型最強のBDレコーダー」という存在感を一気に強めています。

しかも恐ろしいことに、このモデルには限定的ですが“おまけの全録機能”がついています。「時間指定チャンネル録画」と呼ばれるそれは、DR(非圧縮)モードのみ、毎日最大8時間限定ながら6チューナーをフル回転することで全録が可能。完全に力技ですが、これなら例えば「プライムタイムのドラマ」とか「深夜アニメ」だけを狙いうちするような使い方はできそうですね。

新モデルの内訳は下記の通り。

『DMR-BRG2010』(2TB HDD/6チューナー) 想定実勢価格:10万円前後
『DMR-BRZ1010』(1TB HDD/3チューナー) 想定実勢価格:8万円前後
『DMR-BRW1010』(1TB HDD/2チューナー) 想定実勢価格:7万円前後
『DMR-BRW510』(500GB HDD/2チューナー) 想定実勢価格:6万円前後
『DMR-BRS510』(500GB HDD/1チューナー) 想定実勢価格:5万円前後
一番下の『DMR-BRS510』のみ11月13日、その他はいずれも10月16日発売予定です。

新モデルの使用感などは後日レポート予定。
『BRG2010』……久々に楽しみな機種が出てきましたよ!

文/柳 雄大(編集部)

関連サイト
パナソニック DIGA(ディーガ)