ヲタ芸も打てるゾ! ペットボトルを自在に発光させる『Illumicap』

digimono_illumicap01

これからはサイリウムじゃない。ドリンクで「パン、パパン、ヒュー!」(PPPH)をキメろ!

飲料ペットボトルをLEDで光らせる、そんなちょっと思いつかなかった新たなアイテムが、飲料メーカーのキリンとIoT製品を手がけるWHITEによる共同開発プロジェクトとして発表されました。その名は『Illumicap』(イルミキャップ)。

digimono_illumicap02
▲このキャップをつけるだけで、ペットボトルがLEDライトに変身します。

この『Illumicap』は、LEDライトを内蔵したボトルキャップといったもので、スマートフォンと連動して様々な色やタイミングで、ペットボトルを発光させられるのだそう。イベントやストリート、夜道でのランニングなどにアイデア次第でいろいろな活用ができそうです。公式のプロモーション動画にあるように、アイドルのコンサートでよく見られる応援パフォーマンス「ヲタ芸」を打つこともできますよ。

スマートフォンとの連携にはキャップ内蔵のBluetooth通信を利用。アプリ操作によって発光の明るさや色を調整したり、音楽やユーザーの動きに合わせて点滅やカラーを変更したりといったことが楽しめます。小さいながらも今時のテクノロジーがギュッと詰まっているんですね。

digimono_illumicap03 digimono_illumicap04
▲スマホアプリのカラー設定画面と、長時間露光撮影で光の軌跡を撮影したイメージ。

また、アプリには長時間露光撮影機能「Camera sync」もあり、光によって図形や文字を描き出す「光のアート」を楽しむことだってできるのです。どんな風に使いこなそうか、今からアレコレと想像がふくらんでしまいますね。

digimono_illumicap05
▲思いもよらなかったペットボトルのスマートデバイス化。今後の展開はどうなる?

具体的にどういったかたちでユーザーに届けられるのか、価格や発売時期は未定ながら、WHITE経由で一般販売を予定しているとのこと。これからの注目アイテムになることは間違いなさそう。若者文化のみならず、子どもから大人まで幅広い層に影響を与えそうな予感がします。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
Illumicap製品情報
プレスリリース(スパイスボックス)