バーテンダー失業の危機!? 誰でもカクテルを作れる“スマート”マドラー

digimono_mixstik01

「どんなに時代が進歩しようとも、酒を飲まない男は男ではない」

たしか1988年の映画「カクテル」に登場するバーテンダーのセリフだったような──。さて時代が進歩した21世紀、バーカウンターの内側にもスマートデバイス普及の影が忍び寄ってきているのかもしれません。国際家電見本市「IFA 2015」に出展されて話題となっていた、誰でも完璧なカクテルを作れるマドラー『MixStik』がいよいよ「Kickstarter」での資金調達チャレンジを開始しましたよ。

MixStik Kicstarter video from MixStik on Vimeo.

目盛り(ゲージ)状のLEDライトを搭載した『MixStik』は、スマートフォンやAppleWatchの専用アプリから材料の分量を受け取って光で教えてくれるという仕組み。この指示の通りに混ぜ合わせてシェイクやステアをすれば、レシピを覚えていなくても間違いのないカクテルが作れるというわけ。

digimono_mixstik02 digimono_mixstik03
▲パーティー会場で分厚いレシピブックとにらめっこ……なんて面倒は過去のものに。

お酒やジュースといった液体でできたレシピのみならず、モヒートのように砂糖やミントジュレップを加えるようなドリンクにも対応しているのだそうで、混ぜ合わせる手順もきちんと案内してくれます。それに『MixStik』本体はそのまま水洗いできたりUSBポートに直接挿して充電できたりと、メンテナンスが楽チンなのも酔っ払いのパーティーピーポーに優しいですね。1台のスマートフォンから複数の『MixStik』にまとめてレシピを共有できたりと、なかなかよく考えて作られているのがわかります。

digimono_mixstik04 digimono_mixstik05
▲キレイに光るLEDライト内蔵なので、本来の使い方以外でもパーティーを盛り上げてくれそう?

「Kickstarter」では25ドルの出資からアーリーバード製品をゲットできましたが、大人気なので出資枠が現在進行形でどんどん埋まっています(キャンペーン中なら最高でも39ドルの枠で入手可能)。そして、2本〜5本セットや、10本セットで299ドルなんてプランもあり、8000ドル出す気があれば、20本に加えてあなた専用のカスタムアプリをつけてくれるのだそう。日本語には対応していないと思いますが、2016年3月の出荷予定で日本にも発送してくれます。なお、製品版の予定価格は59ドルです。

digimono_mixstik06
▲比較的お手頃な価格になりそうなので、たくさん用意してパーティーを華やかに演出したいかも。

こうした便利なアイテムが登場したからといって、もちろんプロのバーテンダーのお仕事に関係はありませんが、ホームパーティーなどでの盛り上げには大きな助けとなってくれるでしょう。おっと、誰ですか「レシピ通りよりも多めに酒を注いでくれ」なんて言っているのは!

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
MixStik製品情報
Kickstarterページ