最新カメラで秋の夜空を手に入れる【ミラーレス一眼で星の軌跡編】

01

数十分から数時間にかけて露光することで、星の動きを線として写せる日周運動写真。撮像素子も大きく詳細設定もしやすくなったミラーレス一眼で、星の軌跡を追ってみよう。

写真解説
都内荒川沿いで撮影。ライブコンポジットで30秒ごとにシャッターを切るようにし、30分間撮影した。肉眼では見えない星の光もしっかり描写。街は明るいが、比較明合成が効いて十分許容範囲の画が出てきている。

関連記事
最新カメラで秋の夜空を手に入れる【コンパクトで星を撮る編】
最新カメラで秋の夜空を手に入れる【高倍率ズームで月を大きく撮る編】
最新カメラで秋の夜空を手に入れる【デジタル一眼レフで高画質撮影編】
最新カメラで秋の夜空を手に入れる【全天球カメラで余さず撮影編】
天体向け機能搭載モデルで手軽に星が撮れるように
美しい星座の見える写真や月のクレーターがくっきり写った天体写真を撮るためには「専用の機材を使わなければいけないので難しそう」と思っている人も多いのではないだろうか。実は最近のカメラなら、シャッタースピードの変更さえできればコンパクトカメラでも簡単に撮影できるようになっている。撮像素子が一般的に裏面照射型CMOSが採用されるようになったことで、長時間露光や感度を上げてもノイズの発生が抑えられるようになったからだ。また、初めてという人向けに専用のモードを備えているカメラがエントリー機を中心に増えており、今やカメラ業界のトレンドのひとつと言える。「星や月が綺麗だけど、スマホのカメラじゃ上手く撮れなかった。」という経験がある人にこそ最新モデルを使って友人や家族に自慢できる美しい天体写真に挑戦してほしい。

実際にカメラで星を撮影するときに必要な設定は露光時間と絞り、感度の調整の3つ。そして、月以外の天体はAFでは合焦しづらいので、MFで厳密にピントを合わせることが必要になってくる。手動でピントを合わせるとなると、上級者向けのような難しいイメージがあるかもしれないが、モニタのライブビューを使うことで星の部分を大きく拡大し、それを参考に緻密なピント合わせができるので実は簡単だ。

また、天体の撮影パターンはいくつかある。例えば星と風景を入れた星景写真や星が流れる軌跡を収めた日周運動写真、星空だけを撮った星野写真と多数。お気に入りのフレーミングを考えて実行してみよう。

星跡が手軽に撮れる“ライブコンポジット”機能を備える
02
オリンパス
OM-D E-M10 Mark II 14-42mm EZ レンズキット
実勢価格:10万3670円

小型・軽量で持ち運びも楽な入門機
手のひらサイズで重量も390gと軽い、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス機。エントリー機でありながら5軸手ぶれ補正の機構を備えており、ポートレートはもちろん、薄暗い場所での撮影にも強い。ファインダーは236万ドットの有機ELを採用し、被写体に集中しやすい。

天体撮影に向く理由!
複数の写真を比較して明るい部分だけ合成する“比較明合成”をカメラ本体で行う“ライブコンポジット”機能を採用。本来、灯りが少ない山や海で星を撮影するが、この機能により都内でも日周運動の写真が撮れる。

03
▲ライブコンポジットを使う際、最初にノイズリダクション用の写真を取得。合成時に低ノイズに仕上げるためだ。

04
▲ライブコンポジットを使用し、約25分間露光した。オリオン座が形を残して流れていく様が、都内でも撮影できた。

SPEC
サイズ:W119.5×H83.1×D46.7mm 重量:390g 有効画素数:1605万画素 撮像素子:4/3型Live MOS マウント:マイクロフォーサース シャッター速度:60秒〜1/4000 最大ISO感度:25600

星を撮るための基本
重めの三脚
05
▲10〜30秒はシャッターを開けるため手ぶれは厳禁。風に負けないように、重量のある三脚でしっかり固定しよう。

レリーズ
10
▲シャッターボタンを押した際に反動でカメラ本体がぶれる可能性があるため、レリーズを使う。タイマー機能でも代用が可能だ。

ISO感度は800〜1600に設定、絞りは開放
06 07
▲Mモードに設定し、ISO800〜1600、絞りは開放。シャッタースピードは10〜30秒にすると星がほぼ点で撮れる。

ピントに注意
08
▲ピント合わせはライブビューの拡大で正確に。一見問題なさそうでも拡大するとピントが甘いことも多々。

 

文/編集部 撮影/松浦文生、編集部

※『デジモノステーション』2015年11月号より抜粋

関連サイト
OM-D E-M10 Mark II製品情報ページ