グニャグニャ動いて手ブレしない! ハイテクすぎるGoProスタビライザー

digimono_aethoaeon01

アクションカメラの大敵、手ブレに効果絶大のアイテムです。

動きの激しいスポーツやステージパフォーマンスを撮影するのに最適な「GoPro」も、撮影者自身の動きによる手ブレが悩みのタネでした。しかしコンピュータ制御のアームであらゆる動きに対応するスタビライザー『Aetho Aeon』があれば、バターのように滑らかな動画を撮ることができますよ。

一見グニャグニャなようにも見えますが、カメラの傾きをリアルタイムに検出しながら、アーム内部のモーターによって角度を制御しているんですね。カメラマンが飛んだり跳ねたりしてもスムーズな動画を得られるのはちょっとした驚きです。

digimono_aethoaeon02 digimono_aethoaeon03
▲ただのグリップかと思えば、ハイテクがぎっしり詰まったデジタルギアなんですね。

また、グリップには手元で映像を確認できるLCDディスプレイや、細かな角度調整ができるジョイスティックを装備。今までの「GoPro」単体での撮影とはひとあじ違う撮影スタイルを実現できそう。傾きを検出する三軸センサーやモーターをはじめ、こうした機能の全てが内蔵の32ビットCPUによって制御されているとのことで、見かけによらずとっても賢いアイテムなんですよ。

digimono_aethoaeon04 digimono_aethoaeon05
▲手ブレのことを考えずに被写体に集中できるメリットは大きいはず。

『Altho Aeon』本体には「GoPro」アクセサリ互換のマウントがあり、装着時にも各種周辺機器を併用できるのがありがたいところ。今までの「GoPro」の使い勝手はそのままに、静止した被写体から超スピードのモータースポーツまであらゆる撮影での手ブレの心配から解放されます。

digimono_aethoaeon06
思わず手が震えちゃうキャッキャウフフなシーンも見逃しません(?)。

クラウドファンディング「Indiegogo」ではなかなかの人気アイテムとなっているようで、すでにアーリーバードのディスカウント枠は完売。現在申し込めるのは、送料込み324ドルの出資枠のみです。こちらは送料込みで日本への出荷もOK。手ブレにお悩みなら一考の価値はありそうです。

文/ワタナベダイスケ

 

関連サイト
Altho Aeon製品情報
Indiegogoページ