人類史に残る宇宙開発「アポロ計画」の貴重な写真がFlickrで大公開!

01

宇宙から臨む地球は美しい……。

人類の宇宙開発の歴史は1960〜70年代、冷戦構造の中、米ソの威信をかけた競争として著しい発展を遂げました。宇宙に人類を送り出すことにかけてはソ連(現ロシアほか)の後塵を拝した米国でしたが、その後「アポロ計画」により一気に追い上げ、追い越し、1969年には月面に人類を送り込むことに成功します。

そのアポロ計画でNASAにより撮影された鮮明な写真が、なんと無償で公開されているんですよ。写真共有サービス「Flickr」の「Project Apollo Archive」へレッツ・ゴー!

02
▲アポロ計画に関する貴重すぎる写真が8400点以上。もともと同名のウェブサイト「Project Appllo Archive」によって公開されていたものが、「Flickr」でより見やすくなったのです。宇宙マニアでなくとも垂涎でしょう!

小難しい話は抜きにして、まずは写真をごらんください。米国が初めて宇宙空間に人間を送り込んだアポロ7号に始まり、月周回を成功させたアポロ8号、月面着陸を成し遂げたアポロ11号など、プロジェクトごとにまとめられて並んでいます。

03
▲アルバムはアポロ7号からアポロ17号まで87個。プロジェクトごとに幾つかのアルバムに分かれていることもあります。

そして、写真はすべてパブリックドメイン。著作権が放棄されており、あの有名な「月面に印された最初の足跡」や、「月面にはためく星条旗」といった写真も自由に使えます。

04
▲解像度は最大で1600〜1700万画素相当(中判フィルムをスキャンしたもの)で、大きく引き伸ばして印刷しても十分なクオリティがあります。

写真を見て壮大な宇宙開発の歴史に思いを馳せるもよし、気に入った写真でポスターやTシャツなどを作ってもよし。それにしても、文字通り天文学的予算を使ったプロジェクトの一級線資料がこんなに簡単に入手できるようになったなんて、いい時代になったものですね。

 

文/倉田吉昭

関連サイト
Project Apollo Archive(Flickr)
Project Apollo Archiveサイト