助けて! グラドル人工知能化計画『篠崎AI』のライフが残りわずかよ

digimono_shinozakiai01

「早く支援しろ、間に合わなくなっても知らんぞー!」

うわーん、大変だー! 国内クラウドファンディングサイトの「GREEN FUNDING Lab」で出資を募っているプロジェクト『篠崎AI(エーアイ)』が、10月15日までの目標期限を前に、いまだ目標金額の半分にも達していないという状況になっています。どうしてこうなった……?

digimono_shinozakiai02
▲原稿執筆時点でのプロジェクトページ。支援総額44%、だと……!?

世の男性諸君なら誰もがご存知であろうダイナマイトなグラビアアイドルである、我らが篠崎愛ちゃんを忠実に再現した人工知能(AI)を作り上げようという、この一大プロジェクト。ぶっちゃけ600万円と言う目標支援金額も十分に達成できるポテンシャルを持った企画だと思うんですが、いかがでしょう。

150806_AIって?
▲人工知能の仕組みには『al+(オルツ)』を使用。どんなことができるのかを見てみよう。

shino1 shino2
▲篠崎AIが実現すれば、スマホやデジタルサイネージでいつでもAIちゃんと会話できるゾ。

digimono_shinozakiai05
▲ラジオのパーソナリティとして人工知能が出演する日も近い?

かつてテレビで「(某アイドルグループに)グラビアの仕事を取られてしまって困る」なんて趣旨の発言をしたとかしてないとか、そんな篠崎愛ちゃん。ひょっとしてAI化が成功しちゃうと篠崎AIに仕事を取られちゃうといった懸念もあって、ファンが出資を控えている……なーんて背景があったりもするんでしょうか(勝手な妄想)。ちなみに現時点での完成度は以下の動画を見ていただけると解りやすいかな。うーん、まだちょっと「不気味の谷」を越えられていないような気もします。

とはいえ、クラウドファンディングの出資コースは1000円といった少額のものから、篠崎愛ちゃん本人との焼肉食事会に参加できる50万円のコース、さらに法人向けの300万円〜といったものまで用意されていますので、残り数日の期限とはいえ、意外とワンチャンスあるかもしれないのがスゴいところ。みなさんも支援したくなっちゃいましたか? 今ならまだ間に合いますよー!

digimono_shinozakiai06
▲余談ですが、公式ページ上の利用シーン例。「今日はどんな服着てるの?」「得意なポーズは?」って、リアル女性にはなかなか聞けない質問ですよね……(苦笑)。

 

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
GREEN FUNDING Labページ