ずーっと眺めてても飽きない。木製のパチンコ玉コースキットで童心に返る

photo-original

ほんと、何時間でも見ていられるかも。

組み立てるって行為は、仕組みが理解できて教育目的にもピッタリですよね。そうお思いのお父さん、お母さん、木製のパチンコ玉用コースキット「Marbleocity」シリーズはいかがですか? 現在『Dragon Coaster』と『Mini Coaster』がラインアップされていて、サイズは前者が20×20cm程度、後者が10×15cm強。机の上に置いても邪魔になりません。

01
▲木製ジェットコースターから着想を得て作られた『Dragon Coaster』。後ろの歯車はちょっと観覧車っぽい?

『Dragon Coaster』にはモーターが用意されているので、コースを降りたパチンコ玉が巨大な歯車に乗ってまたコースを最初から走り始めるようになります。ピタゴラ装置やミニ4駆のコースのように、疲れたとき、あるいはアイデアが欲しいとき、ぼーっと眺めているのにはとてもよさそうで、インテリアとしても素敵です。

実はこの製品、子どもが実際にキットを組み立ててエンジニアリングの基本を身につけ、コースをパチンコ玉が走ることで力学の概念を学んでほしいと作られたものなんですよ。

とはいえ、そんな難しいことは気にしなくても、バーチ材の合板をレーザーカッターで焼き切ったコースは、レーザーならではのコゲがついてインテリアとしても満足のいく出来。そこをくるくるとパチンコ玉が走る様子は、無心に眺めていられます。

05
▲現在『Dragon Coaster』のほか、『Skate Park』『Maltese Cross』『Amazing Race』という3製品の設計が終わっています。もちろん全部連結できますよ!

しかもこの「Marbleocity」シリーズは9製品が予定されていて、『Dragon Coaster』が最初の製品。複数の連結が可能なので、巨大コースを循環させることもできるんです!

02
▲簡易版の『Mini Coaster』は文庫本ほどの床面積しか取りません。残念ながら『Mini Coaster』は手回し式ですが、子どもにはピッタリの大きさ。

03
▲『Mini Coaster』の部品は約30個。1時間で組み立てでき、木工ボンドもちゃんと付いてきます。

「Kickstarter」では50ドル以上で『Dragon Coaster』のスターターキットを予約できます。実際に届くのは来年の2月とちょっと先ですが、お部屋に動く素敵なインテリアとしておひとついかが?

 

文/青葉みお

関連サイト
Kickstarterページ