16組のレンズがかつてない光を捉える新発想デジカメ『Light L16』

01

奇をてらった変態カメラと思いきや、とっても真面目なカメラです。

カメラのレンズは普通、複数のレンズから構成される1セットを搭載しています。ちょっとマニアックな所では、縦にレンズが並んでいる二眼レフカメラですとか、3D写真が撮影できるカメラもレンズを2セット搭載していますね(二眼レフの場合、片方はファインダー専用ですが)。

しかし、ただひたすら、写真の画質向上のためだけに16個もレンズを搭載しているカメラというのは、一部のVR撮影用カメラを除いて聞いたことがないでしょう。デジタル時代ならではの新しい設計のデジカメ、それが『Light L16』なのです。

02
▲妖怪か!? と思うほど目が多い印象です。このインパクトはちょっとすごいものがあります。

『Light L16』では、「一眼レフの画質をコンパクトカメラで実現する」という目標を旗頭に、一台のカメラに16の撮影系を統合。16組中10組が同時に撮影を行い、それをカメラ内で合成することで、最終的に5200万画素もの美しい写真が完成します。

03
▲背面にはタッチパネルを搭載。ほとんどスマホ感覚のカメラです。

多レンズ撮影合成カメラというと、後からピントを変えられる「Lytro」もありましたが、『Lights L16』でも後からピント位置を変更することが可能です。

カメラとしてのスペックはまだ確定していないものの、現時点では、メモリは内蔵128GBで、外部メモリーは今の所利用不可。35〜150mm相当の光学ズームを搭載しており、ワイド端で約10cmまでの接写が可能です。GPSと加速度計も付いているので、撮影時の方角や傾きも記録できます。

実際に撮影された画像のサンプルを見るに、5200万画素の高精細さもさることながら、画素合成によるダイナミックレンジが非常に広いのが特徴です。明暗差が大きく、通常なら潰れたり飛んでしまうようなシーンでも、きっちりディテールを拾っています。特に明け方や早朝、あるいは暗い室内などのシーンでかなり効果を発揮しそうです。

04
▲多様な露出の写真を合成するという点ではHDR撮影に非常に近く、特性もそれに準じています。

発売は2016年夏の予定で、先行予約は始まっていますが、現段階では価格は未定。ちょっとお高くなりそうな気配もありますが、かつてない着想のカメラで、予定通りであれば画質も相当期待できそうなだけに、がんばってほしいものです。

 

文/倉田吉昭

関連サイト
Light L16製品情報