これって電チャリなの!?【BESV『PS1』編】

01

カーボンフレームなど豪華な装備を誇る
03
BESV
PS1
価格:20万9090円

軽量で高い剛性を誇るカーボン製のフレームが最大の特徴。前後のサスペンションや油圧式のディスクブレーキなど豪華な装備もグッと来るポイントだ。カーボンフレームならではの自由度の高さをいかしたデザインも◎。

関連記事
これって電チャリなの!?【デイトナ『DE01S』編】
これって電チャリなの!?【スマート&高性能な電チャリ6選編】
これって電チャリなの!?【電動バイク『バイクル P3』編】

電チャリに見えないポイント フレームと一体デザインのバッテリー
電チャリに不可欠なバッテリーを特徴的なカーボン製のフレームと一体となったデザインとしているのがポイント。知らなければ電動と気付かない人も多そうだ。バッテリーはコンパクトだが、6.6Ahと十分な容量を確保しており、アシストも強力だ。
05 06
▲カギを解錠し、バッテリー部分を持って後ろに引っ張ると取り外すことが可能。車体に搭載したまま充電もできる。

 

前後にサスペンションを装備
07 08
▲小径タイヤが苦手とする段差を乗り越えるシーンなどに対応するため、前後に衝撃を吸収するサスペンションを装備。ブレーキも前後ともに油圧式のディスクブレーキで、まるでMTBのような豪華なスペックを誇る。

スマホのようなメーターを搭載
09
▲走行モードや速度、バッテリー残量などを表示するモニタを装備。タッチパネルではないが、画面は大型で見やすい。明るさやコントラストも変更可能だ。

インホイールモーターを採用
10
▲モーターはホイールのハブ部分に組み込まれたインホイール式。電動に見えないデザインを支えている。

 

Short Impression

しっかり上がる強力アシスト
11
軽量なボディをしっかりと押し出してくれるようなアシスト感。太めのタイヤが、そのパワーをしっかりと路面に伝えてくれる。ただ、太めのタイヤとサスペンションを装備しているため、高い速度を維持して走るのはそれほど得意ではない。小径タイヤの小回り性能をいかしながら、街乗りを楽しむのが向いているだろう。

 

SPEC
アシスト可能距離:60km(MODE-1)、43km(MODE-2)、35.5km(MODE-3) バッテリー:6.6Ah ギア:外装7段変速 タイヤ:20インチ 重量:17.4kg

 

文/増谷茂樹 撮影/松川忍

撮影協力:モトベロ代官山(TEL 03-6277-5698)

※『デジモノステーション』2015年11月号より抜粋

関連サイト
PS1製品情報