スマホ音量が劇的に向上! 薄さたったの3mmの折り紙風アンプ

digimono_tone_amp01

極薄&超軽量! しかも電気もいらないなんて!

スマートフォンで音楽や動画を鑑賞していると、どうしても音量の小ささに満足できないケースってありますよね。そこで登場するのが、バッグに忍ばせておけば、いつでもどこでも音量を増幅してくれる携帯用アンプ。それがわずか3mmの薄さと聞いたら、興味津々というスマホユーザーは多いことでしょう。

digimono_tone_amp03 digimono_tone_amp04
▲一枚の板が拡声器のカタチに変身。Kindleの「ORIGAMIカバー」に近いイメージ。

ドイツのデザインチームによって「スマートフォン向けの世界最薄アンプ」として発表されたtoneは、折り紙のように組み立てて内側に端末を置くだけで、音量をグンと増幅してくれるアイテム。音響の反射のみを利用する仕組みなので、バッテリー等のパワーを必要としないのも特筆すべきポイントです。公式のプロモ動画を観ると、その威力がイメージしやすいかも。

tone: world’s thinnest acoustic amplifier for smartphones from tone on Vimeo.

digimono_tone_amp02
▲もともと一枚の板からできていることがわかりやすいショット。

この『tone』は、ポリプロピレン製の芯を薄いアルミニウム複合パネルで覆った構造になっていて、重さも非常に軽量な75グラム。現在はまだ「Kickstarter」で資金調達中のプロジェクトながら、ある程度のサイズの端末ならば機種を問わずに使えることと、日本人としてはなんとなく馴染みを感じる折り紙っぽさ、こうした特徴から日本で発売されても人気が出そうですね。

digimono_tone_amp05
▲省スペース、ケーブルレスで、机の上に置いても邪魔にならない。

このシンプルさでありながら45ユーロ(約6000円)というお値段が高いのか安いのかはわかりかねるものの、外出先でちょっと使うのであれば荷物にならないコンパクトさと電源不要の手軽さは魅力的。電源も無線も不要なことから、もちろん日本国内でも使用可能で、「Kickstarter」出資者向けには今年12月には発送されるということですよ。

 

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
tone製品情報
Kickstarterページ