“リアル版Dropbox”? Sumallyと寺田倉庫がタッグを組んだ収納サービスが画期的

01

モノの写真を撮ってくれるのも地味に魅力的です。

モノの情報を核にコミュニケーションするSNS「Sumally」と、貸倉庫の老舗「寺田倉庫」がタッグを組んだら、こんなサービスが誕生しましたよ。『Sumally Pocket』はダンボール1箱からモノを預かってくれて、いつもの部屋を広く保つのに役立つサービス。残しておきたいけれど、頻繁には見ないアルバムや、プレゼント、季節違いの衣服などを倉庫に預けて生活空間が広く使えるようになります。

002 003
▲アプリで住所や氏名を入力していく際、ガイドしてくれるキャラクターの軽妙なトークも楽しいところ。操作に迷わないのがグッドな点です。

専用ボックスの購入や集荷依頼、預けたアイテムの確認、取り出しは、全てiOSアプリから操作します。ボックスを購入し、届いたボックスに預けたい物を詰めて集荷を依頼。倉庫に届いたボックスをスタッフが開けて、1アイテムずつ写真撮影するので、アプリ内でどのアイテムを預けたか確認できるようになります。

ボックスはサイコロのような「Regular」、衣服を入れやすい「Apparel」、本や書類に適した「Books」の3サイズが用意されており、1箱につき30アイテム、20kgが上限。セットアップの衣類やコミック全巻セットなど、袋やビニール紐でまとめれば「まとめて1点」として扱えるそうです。

何より、温度・湿度が管理されてカビが発生しにくい環境で寺田倉庫が保管してくれるので、大切な思い出の品を安心して預けることができますよね。有人管理や機械管理、外周セキュリティなど複数のセキュリティを組み合わせてしっかり守ってくれていますしね。なお撮影されたアイテムを「Sumally」のアカウントと紐付けてSNS上に登録・公開することも可能です。

004
▲先着1万箱まで専用ボックス代金と入庫翌月の保管料を相殺する形で「ボックス代金実質0円キャンペーン」を実施しています。

利用料金は、箱ひとつがサイズを問わず300円で、自宅から倉庫までの輸送費は無料。1箱あたり月額300円で保管してもらい、取り出す際は1アイテムから箱丸ごとまで取り出し送料が1回800円(送料込み)です。支払いはクレジットカードのみ。現在は先着1万箱まで専用ボックス代金が無料と太っ腹なキャンペーンを実施中です。これを機に、大切だけど利用機会の少ないモノを安心・安全に保管してもらい、日々の生活を広々と快適に過ごすのもいいですね。

 

文/多田祥人

関連サイト
Sumally Pocket
Sumally Pocket(iOSアプリ)