20周年の集大成! 5分でわかる“SIMフリーエヴァスマホ”の全貌

digimono_sh02_eva20_01

「すべてはゼーレ、いや……開発サポーターのシナリオ通りに」

シンジ君、そしてエヴァファンの皆さん、20周年おめでとう(パチパチ)! ついに初のSIMフリー端末(nanoSIM対応)となった最新エヴァスマホ『SH-M02-EVA20』が、セブン-イレブンでの数量限定発売モデルとして大々的に発表されました。

degimono_evasp_top

関連記事:(過去のエヴァスマホと本プロジェクト開始時の話題)
新「エヴァスマホ」はやっぱり、劇場版新作とシンクロする!?

「開発サポーター」として募集した3万人のファンの意見を取り入れていくという『ヤシマ作戦』を思わせる大規模プロジェクトとして話題となっていただけに、やっぱりその中身が気になるところですよね。そんな注目モデルの特徴を、 さっそくエヴァが内蔵電源だけで活動できる限界時間の5分間でも理解できる要点まとめ記事としてご紹介していきましょう。今回も、サービス、サービスぅ!

【デザイン】初号機を思わせる外観、豊富すぎる音と画像のコンテンツ

digimono_sh02_eva20_02
▲オリジナル壁紙は圧巻の365枚。対応するカレンダーアプリも。

エヴァンゲリオン大好きなファンにとっては、最大の魅力となるのがオリジナルコンテンツの数々。この端末オリジナルの壁紙だけでも365枚(うち12枚が描き下ろし)、登場人物4人の撮り下ろしキャラ音源がプリインストールされ、ホーム画面には独自ウィジェットの設置も可能なんです。

digimono_sh02_eva20_03
digimono_sh02_eva20_04
▲初号機イメージのカラーリング&デザイン。限定ならではの高級感もアリ。

そして、端末本体のデザインはエヴァ初号機カラーの紫×緑のグラデーション、ホログラムで浮かび上がる初号機のイラストと「20th Anniversary」文字が描かれています。さらに同カラーで統一されたケースも、標準のセット付属品となりますよ。

【入手方法】3万台だけのセブンイレブン限定販売、価格は8万4千240円

今回のエヴァスマホは、NTTドコモのLTE/3Gネットワークにおける、音声通信/SMS/データ通信(及びソフトバンク回線)に対応したSIMフリー端末。格安スマホと呼ばれることもあるMVNO事業者など、回線事業者はユーザー自身が選択するスタイルです。

digimono_sh02_eva20_05
▲エヴァスマホ開発委員会の「開発レポート05」より。

そうしたこともあって、販売チャネルは携帯電話キャリアではなくセブンイレブン限定となります。同社ウェブ通販からの申し込みが可能で、2015年12月下旬お届け分5000台、2016年4月下旬お届け分が2万5000台の限定販売。納期にかかわらず、価格は8万4千240円(税・全国一律送料込み)です。

【スペック】シャープ製SIMフリーAndroid端末がベース

digimono_sh02_eva20_06
▲日本のユーザーにニーズに合った機能を備える、国産SIMフリー端末。

型番が示す通り、今回のエヴァスマホはシャープ製『SH-M02』をベースとしたもの。キャリアに依存しないSIMフリー端末ながら、おサイフケータイ(FeliCa)や緊急地震速報、IPX5/7の防水・防塵にも対応した日本国内のユーザーに嬉しい端末です。主要なスペックを以下に要約すると、

・CPU: 1.2GHzクアッドコア
・メモリ: RAM=2GB、ストレージ=16GB(最大32GBのmicroSDHCカードに対応)
・ディスプレイ: 約5.0インチ 約1,678万色 TFT(720×1,280ドットHD)
・カメラ: メイン=約1,310万画素、サブ=約210万画素

といったところ。スペックではなかなか真価を測れない限定モデルとはいえ、実用面でも十分に優れたモデルです。必ずゲットしたいという人は、お早めに申し込みして「勝ったな(買ったな)……」「ああ。」というネルフ司令部ごっこをお楽しみくださいね。クレジットカードでの購入もOKだそうですよ。

01 02
03 04
05 06
▲DAIGOさんと加藤夏希さんも登場した発表会。外装だけでなくUIやコンテンツなど、ファン心をくすぐる仕掛けが満載でしたよ。

 

文/ワタナベダイスケ、編集部

エヴァンゲリオン スマートフォン製品ページ(セブンイレブン)
エヴァンゲリオンスマホ開発委員会