【レビュー】“史上最高の優しさ”を実現する回転式シェーバー『7000シリーズ』

01

白ベースに青の挿し色のボディが新鮮

史上最高の肌へのやさしさを実現した回転式シェーバー『7000シリーズ S7310/26』。なめらかな肌あたりを実現した「スキンコンフォートリング」は、ビーズコーティングを施すことで、肌との接触箇所を少なくして摩擦を低減する。5方向に自在に動く「5方向ダイナミックフレックスヘッド」によって、顔の輪郭に隙間なく密着し、快適なシェービングが可能。肌あたりよく調整した外刃と、ヒゲを根元から引き上げる内刃を採用した「ジェントルプレシジョン刃」によって、スムーズな深剃りとやさしい肌あたりを両立する。本体カラーは白ベースにブルーの挿し色が組み合わさり新鮮だ。

 

基本機能をCHECK!!

メンテナンスや操作もシンプルでラクラク
シェーバーは毎日使用するものなので、剃り味の良さや肌への負担の少なさはもちろん、使い勝手の良さ、メンテナンスのラクさも評価が高い本機。操作は電源と強弱を変更するボタンのみ。人間工学に基づいてデザインされたくびれのあるボディは握りやすい。

3つのシェービングヘッド
02
▲象徴的な3つの回転ヘッドはフィリップスシェーバーのアイコン的存在。肌への接触面積はどんなアングルからでも広く。余計な圧が掛かりにくい。

防水加工でお風呂剃りに対応
03
▲IPX7相当の防水性能を装備することで、お風呂ぞりにも対応する本機。シェービングクリームなどをつけた上から剃り上げる。水洗いもできて常に清潔。

握りやすいくびれのあるボディ
04
▲セクシーでグラマラスな女性のようなくびれのあるボディ。人間工学に基づいて設計されているので非常に握りやすい。背面のラバー素材も滑りにくい。

 

史上最高の肌への優しさ

どんなアングルでも凹凸でも肌に密着
シェービングヘッドが前後左右、さらに3つのヘッドが独立可動。合計5方向にも動いて、どんなアングルでも肌の凹凸にしっかりと密着する。回転式だからこそ可能な「ダブルVトラック刃」と「スキンコンフォートリング」の組み合わせで、驚きの優しさと深剃りを両立する。

シェーバーと肌の摩擦を低減したビーズコーティング
05
▲シェービングヘッドに無数のビーズを埋め込むことで、シェーバーと肌との間の摩擦を低減し、肌あたりをなめらかにした「スキンコンフォートリング」。これまでのシェーバーにはないほどのなめらかな肌あたりを実現している。

敏感肌への優しさを皮膚科医が実証
06
▲皮膚科学の第三者調査機関で調査を行なった結果、『7000シリーズ』はフィリップス史上最高の肌への優しさが実証。3つのヘッドで肌への圧が掛かりにくく、かつ最上位機種に迫る密着性の高さなどが大きなポイントだ。

 

充実の技術による深剃り

ヒゲを根元から引き上げカット
5方向に自在に動く「ダイナミックフレックスヘッド」やヒゲを根元から優しくカットできる「ジェントルプレシジョン刃」などの技術を採用。さらに、1枚目の刃がヒゲを根元から引き上げ、 2枚目の刃がカットする『スーパーリフト&カット』も採用している。

顔のカーブや凹凸に密着する5方向ダイナミックフレックスヘッド
07
▲5方向100°に自在に可動する「ダイナミックフレックスヘッド」によって、顔の輪郭に隙間なく密着し、快適なシェービングが可能。顔のカーブや凹凸に関係なく、余計な圧を掛けなくてもきれいにヒゲを剃り上げることができる。

敏感肌にもやさしく深剃りできるジェントルプレシジョン刃
08
▲肌あたりよく調整した外刃と、ヒゲを根元から引き上げる内刃を採用した「ジェントルプレシジョン刃」を採用。敏感肌な人でもやさしく深剃りが実現できる。シェービングフォームなどをつけずにヒゲを剃っても、肌がヒリヒリしない。

 

高機能な充電器

充電、洗浄、潤滑化まで自動で完了
本体をセットしてボタンを押せば、充電、洗浄、潤滑化まで自動で完了。2層フィルター構造で細かいヒゲくずや皮脂汚れ、フォームやジェルまでもきれいに洗浄できる。潤滑剤の働きが刃の摩擦を低減。アルコールフリーで肌にやさしく衛生的なヒゲ剃りを長期に実現する。

2層フィルターのカートリッジを交換するだけの手間いらず
09
▲カートリッジ内部の2層フィルターによりヒゲはもちろんのこと、シェービング時に使ったジェルや泡フォームなど、ヘッドの内部などに入った汚れも、すべてきれいに取り除ける。カートリッジも交換するだけでラクラクだ。

充電するだけではなく洗浄や潤滑化まで気軽に完了
10
▲日本の洗面台にはやや大きく感じるのは否めないものの、前モデルと比較した場合、一回り小さくなった充電器。充電だけでなく、潤滑化までも、セットするだけで気軽に完了できる。使い勝手を考慮すると、このサイズ感でも十分納得。

 

使い倒しインプレッション

ヒゲを剃った後にこそ“究極の優しさ”効果を長く実感

元々、敏感肌を自覚していて、日常からフィリップスのフラッグシップモデル『9000シリーズ』を使用している。仕事柄、他社の往復式シェーバーを使用するのだが、どうしても剃り終わった後、肌の突っ張りが気になって、ヒリヒリしている感覚が残ってしまうのだが、その感覚がないのが『9000シリーズ』を愛用する最大の理由だ。

フィリップスが採用する回転式は元々優しさに定評のある方式だ。実際、『9000シリーズ』を使っていてもそれは十二分に感じられる。だからこそ、それよりも優しいのが最大の特徴である『7000シリーズ』を使う前、やや懐疑的だった。だが、実際に剃ってみると、すぐに『9000シリーズ』よりも優しい肌触りを実現していると分かった。

特にほっぺたなど、広い面積を3つの回転ユニットがピッタリ密着している時などに、その差が感じやすい。ゆっくり回転させながら、肌の上を滑らせて剃り上げる回転式だけに、回転刃部分はもちろん、その周囲のリング部分は、シェービング中にかなり肌と擦れる。『7000シリーズ』はその部分にマイクロビーズコーティングが施しているので、密着しながらもミクロの隙間を作られ、摩擦を低減しながら滑らかな肌あたりを実現しているのだ。しかも、その形状もラウンドフォルムで、緩やかに外側へと下がっていくところも、摩擦が大幅に低減される技術だろう。

一方、深剃りはどうか?『9000シリーズ』はヘッドが8方向に可動する『輪郭検知テクノロジー』を採用しているので、5方向に可動する『7000シリーズ』と比べ、たしかにワンストロークで剃れるヒゲの量は多い。だが、実際のところは、『7000シリーズ』でも深剃りは十分効率的だ

また、白ベースで挿し色にブルーを採用したバイカラーの本体は好感が持てる。というのも、家庭内の洗面所は壁が白いところも多く、独立洗面台などもほとんど白だ。周囲に置かれるものも白で揃えると、洗面所自体も統一感のあるすっきりした雰囲気に見える。

かつて、T字派に寝返った人などには、今一度騙されたと思って『7000シリーズ』を使って欲しい。滑らかに肌上を滑る様を体感すれば、確実に『7000シリーズ』の虜になるはずだ。

 

使い勝手CHECK!!

あごの下のやや鋭角気味の部分も剃り残しなし
11
▲3つのヘッドは、常に広い面積が密着しているので、いろいろな方向に生えているヒゲがどんどん剃れる。特にあごの下のやや鋭角気味の部分では、柔軟性の高いヘッドが大きな威力を発揮。剃り残しがありません。

トリマーならもみあげを綺麗に整えられる
12
▲もみあげなどをこまめに綺麗にするのに使えるのがトリマー。ヘッドの取り替えも簡単だ。ヒゲスタイラーではないが、ヒゲのちょっとしたヒゲの調整などにも使うことができるというのは、ヒゲの長いカメラマン談。

 

結論

肌の弱い人やカミソリ派の人にもぜひ!
現状往復式シェーバーを使っているものの、肌が弱くてヒリヒリしてしまう悩みを持つ人に絶対おすすめ。さらに、これまで電動シェーバーは使ったことがあるものの、なんとなくしっくりこなくて、カミソリ派を貫いている人にも、一度試してもらいたいのがこの回転式シェーバー。電動シェーバーへの固定概念が大きく覆される可能性大!

 

フィリップス
7000シリーズS7310/26
実勢価格:2万6800円
13

SPEC
サイズ:W60xD63xH164mm 本体重量:164g 電源方式:充電式100-240V 50/60Hz 消費電力(充電時):5W 充電時間:約1時間 使用時間(満充電時):約50分 充電池:単3リチウムイオン 水洗い:お風呂でも使用可能(IPX7基準をクリア)

 

文/滝田勝紀 撮影/下城英悟(GREEN HOUSE)

※『デジモノステーション』2015年11月号より抜粋

関連サイト
7000シリーズS7310/26製品情報