ルンバよ、待たせたな!? ダイソンのロボット掃除機ついに発売

digimono_dyson360eye01

キャッチコピーはお察しの通り「最も吸引力の高いロボット掃除機」ですー!

強力なパワーとクールなプロダクトデザインの掃除機で人気のダイソンが、満を持してロボット掃除機『ダイソン360eye(Dyson360eye)』の発売を発表しました。まずは2015年10月23日(金)から10月26日(日)までの3日間限定で、ダイソンの旗艦店「Dyson表参道」での先行販売が実施されますよ。

blog20140905_01
関連記事: ダイソン初のロボット掃除機、ファーストインプレ!

「えっ、ダイソンがロボット掃除機を作っていたなんて知らなかったわ」なんて人は、以前に開催された発表会での様子を、上の関連記事でご一読くださいね。実はダイソンって、ロボット掃除機の開発に16年もの歳月をかけていたんですって。びっくりでしょう? ちなみに『ダイソン360eye』の特徴は、以下の動画を観れば2分半ほどで理解していただけると思います。

digimono_dyson360eye02
▲ダイソンならではの革新的な仕組みがいっぱい詰まったロボット掃除機です。

いかにもダイソンらしいサイクロン技術、そしてゴミやホコリをしっかり掻き出すヘッドの装備は、これまでの信頼あるテクノロジーそのままということで、従来のダイソンを知っているユーザーにとっては歓迎すべきポイントですよね。「他のロボット掃除機の4倍の吸引力」というフレーズも自信に溢れています。

digimono_dyson360eye03digimono_dyson360eye05
digimono_dyson360eye06digimono_dyson360eye07
▲パーツの1点1点までもが個性的。これぞダイソン、ですね。

また、ロボット化されて新たに投入された技術としては、周囲の室内状況を把握するための360度ビジョンシステムや、スマートフォンの『Dyson linkアプリ』を介してのロボットへの指示出し機能などがあります。また、移動のために車輪ではなく、ベルト駆動式の転輪を採用しているのも特徴で、その走破性の高さをアピールしています。例えるなら普通自動車のタイヤと、重機や戦車のキャタピラの違いといったイメージでしょうか。

まだ在庫はないものの、公式オンラインストアによれば「ニッケル/ブルー」「ニッケル/フューシャ」の2色が用意され、価格は各14万9040円とのこと。2015年10月26日(日)からは、全国の家電量販店でも購入できるようになるそうです。ロボット掃除機の歴史の新たな1ページとなりそうな製品だけに、各方面からの期待が集まりそうですね。

 

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
ダイソン360eye製品情報