多機能スマートウォッチにはない、シンプルな美しさを求める『SHAMMANE』

01

着けることが誇りになりそうな美麗スマートウォッチです。

スマートウォッチの王道を行く2強・Apple(Apple Watch)とGoogle(Android Wear)に対して、最初から隙間を狙ったようなスマートウォッチも幾つか登場しています。今回ご紹介するのは、デザインコンシャスなスマートウォッチの最右翼を狙って「Indiegogo」で資金調達中の『SHAMMANE Smartwatch』です。

02
▲近代的でいて不必要に目立つこともなく、それでいてエレガントなデザインは、まさにフランスならではといった趣き。

最近IoT関連ではすっかりシリコンバレーのお株を奪い、小洒落たデザインとユニークな発想を兼ね備えた製品を連発するフランスのIT業界ですが、SHAMMANEもまた、押しも押されぬ世界のファッションの中心地・フランスはパリ発のプロジェクト。円形で漆黒の盤面に様々な情報を表示可能であり、腕時計としての存在感もバッチリです。このスクリーン、もちろんタッチ対応です。

03
▲着脱可能なバンドは全6種類。フォーマルな場からカジュアルシーンまで、男女の差なく利用できそうです。

スマートウォッチとしての機能は、iPhoneまたはAndroidとBluetooth 4.0で接続し、着信した通話、インスタントメッセージ、SMS、MMSを表示できるほか、スマートフォンアプリの通知やカレンダーの予定を表示。ヘルスケア市場を狙って各種センサーまみれのスマートウォッチが多い中、シンプルに歩数計と加速度計だけ。代わりといってはなんですが、IP67クラスの防塵防水性能と、3日間のバッテリー寿命を実現しています。

ガジェットシーンにおける今年前半の話題といえばApple Watchでしたが、前評判の割に、後半はいまひとつ盛り上がりに欠けた感もあります。見た目のシンプルさや限られた性能に対して、いろいろ詰め込みすぎなのかもしれません。そういう意味では腕時計のファッション性という側面を充実させつつ、機能的にはスマートウォッチとしての必要を満たす程度に留めている『SHAMMANE Smartwatch』は、なかなかいいところを突いている感があります。

現在「Indiegogo」では、279ドル(市価の20%オフ)で最廉価モデルの『SHAMMANE BLUE』及び『同NUDE』が入手できる投資プランなどを展開中。1000ドルでディストリビューター権も手に入るようです。発売は来年4月の予定ですが、日本でのスマートウォッチシーンに一石を投じたい方、いかがでしょうか?

 

文/倉田吉昭

関連サイト
SHAMMANE Smartwatch製品情報
Indiegogoページ