さて、有料で広告ナシの“YouTube Red”を3分でサクッと理解しましょう

digimono_youtubered01

ネット動画の大御所が、いよいよ動き始めました。「有料YouTube」です。

Googleの傘下にあるネット動画サービス『YouTube』が、広告が表示されなくなる有料オプションサービス『YouTube Red』を発表しました。まずは2015年10月28日に米国でスタートし、他の国と地域にも随時展開されていくことになります。

スマホ・ネイティブな世代にとっては、ネット動画といえば生活に密着したコンテンツとも言えるもの。有料化によって「もう広告を見なくていいなら歓迎!」「無料ユーザーに対してはこれからもっと広告が増えるのでは?」といった賛否両論が噴出するのは避けて通れないところでしょう。そんな皆さんの「課金する?/しない?」の判断の助けとして、今わかっているYouTube Redのポイントを、3ステップで大まかにまとめてみましょう。

【1】米国での価格は月額9.99ドル

YouTubeからの発表によれば、YouTube Redスタート当初の米国での月額料金は9.99ドルとのこと。日本円でいえば、およそ1200円ほどです。日本のユーザーにとっては、馴染み深い『ニコニコ動画』のプレミアム会員が月額540円ですので、ちょっと高額に感じる人もいるかもしれませんね。

【2】Google Play Musicのユーザーは追加料金なしで利用できる

日本でも月額980円でサービスインした、音楽聴き放題サービス『Google Play Music』のユーザーなら、これまでと同じ料金のままでYouTube Redを利用できるのだそう。これはひょっとすると、Apple Musicなどの競合音楽サービスからGoogle Play Musicに乗り換える呼び水になるかもしれません。また、これからYouTube Redに加入するユーザーも、同様にGoogle Play Musicを無料で利用できるようになるそうです。

【3】オフライン、バックグラウンド再生ができるように

YouTube Redのユーザーは、これまでの再生環境に加えて、ダウンロードしてのオフライン再生や、バックグラウンド再生が可能になるのだそう。こういった新機能も従来のGoogleなら無料で提供することが多かったのですが、広告モデルではないYouTube Redでは、まずは有料ユーザーに向けて提供されるということになります。

近いうちに日本にも上陸すると思われる、『YouTube Red』。皆さんもご自身の利用スタイルを振り返って、加入するか否かを判断してみてくださいね。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
YouTube Red(Official YouTube Blogの発表)