乳幼児が言葉を覚えるのをサポートするウェアラブル機器『Starling』

digimono_starling01

「わがこ は あたらしい ことば を おぼえた」(ピロリーン!)

生まれてすぐの0歳児から、4歳くらいまでの乳幼児に向けたウェアラブル・デバイスStarlingが登場です。「まだ言葉もわからないうちからウェアラブル機器なんて」と思ったアナタ、このアイテムは、その言葉の習得を手助けすることこそがお役目なんですよ。

『Starling』は、子どもに投げかけられた言葉、そして子どもが話せるようになった言葉を記録していくアイテムで、星型のワッペンのようなデバイスを身につけることで絶えずトラッキングしていきます。バッテリーはおよそ5日間持続し、赤ちゃんが何かを「だばああ!」してしまっても安心な、防水機能などの安全性を有しています。

digimono_starling02 digimono_starling03
▲デバイスの内部構造と、スマホとの連携イメージ。

保護者はBluetooth接続によってスマートフォンで言葉の習得状況をチェックできるようになっていますが、『Starling』自体はネット接続を必要とせず、オフラインで動作するように作られていますよ。

digimono_starling04
▲デザイン、色使いともにキッズ向けらしく作られています。

この製品は2016年の夏の終わり頃までには商品化することを目指していて、今は「Indiegogo」でキャンペーン中。もちろんクラウドファンディングでは製品版よりリーズナブルにこのアイテムを入手でき、アーリーバード枠なら129ドル、スタンダード枠では149ドルで手に入れることができるとのこと。ただしこれらの場合、発送が北米と欧州に限られるというのがネックとなります。

もっとも、いずれにしても、日本語に対応した製品ではないと思われますし、我々としてはしばらくおあずけといったところでしょうか。おっと、独り者の筆者の場合はその前にやるべきことがまだたくさんあるんでしたっけね……(絶句)。

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
Starling製品情報
Indiegogoページ