赤ちゃんの鼓動が聞こえるぅー! 妊婦さんのためのウェアラブルデバイス

digimono_modoo01

愛しいわが子ですもの、誕生前からスマートデバイスで見守りましょ。

妊娠中って、何かと不安や心配事がつきものだって言いますよね。お腹の中の赤ちゃんのことを少しでもモニターしていたいというママ向けウェアラブル機器が『Modoo』です。主な機能は、内蔵されたサウンドレシーバーによって赤ちゃんの心拍音を聞けるということ。他にもスマートフォンやネット技術と連携して、妊娠期のママさんに役立つ機能を提供してくれます。

digimono_modoo02
▲『Modoo』本体をお腹にペタッと装着したら、スマートフォンと無線で接続しましょう。

直径40mm、厚さ6mm、総重量20gのセンサーを医療品質のシリコンケースで覆い、IPX5の防水に対応。1度の充電でおよそ7日間の連続使用ができるといいます。モニターされた赤ちゃんの心拍数と運動履歴はいつでもスマートフォンから確認でき、SNSへ投稿したりといったことも可能。また、心音を録音して後から聞くこともできますよ。

digimono_modoo03 digimono_modoo04
▲本体は一切操作不要で、スマートフォンから各種情報にアクセスする。

digimono_modoo05 digimono_modoo06
▲離れた場所のパートナーとも情報共有ができたり、適切なエクササイズのアドバイスも受けられます。

現在「Indiegogo」でキャンペーンが実施されており、デバイス1個あたり129ドルからの入手が可能ですが、無線ネットワークを用いる製品ということもあり、日本での利用には技適などの壁があると思われます。また「妊娠中に電波を使う機器はちょっと……」といった心理的な抵抗感のある人もいるかもしれませんね。実際に使うかどうかは別として、海外ではこういったアイテムも登場してウェアラブル機器の裾野がどんどん広がってきているのは確かだと言えそうです。

 

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
Modoo製品情報
Indiegogoページ