あれは鳥か? 飛行機か? いや、空飛ぶスマホだ!!

えっ、スマホに翼を!?

最近のドローンはスマホで操作して飛ばすものが増えましたが、ついに“スマホを飛ばす”ドローンが出てきました。何を言っているかわからないと思いますので、もう一度言います、「スマホを飛ばすドローン」です。

PhoneDrone Ethos』は、言ってみればクアッドコプター形状のスマホカバーです。中央付近にマウントが付いているので、ここにスマートフォンを挿入し、アプリで飛行ルートなどを指定して飛ばします。iPhoneを入れた場合に限り、Apple Watchでもある程度操作可能。LTE回線を使って飛行中映像の高速ストリーミング配信というのも楽しそうですね。

02
▲スマートフォンは各種サイズに対応。本体内部にネオプレン製のケースがあり、振動や落下時の衝撃から守ります。

03
▲マップ上でルート指定してその通りに飛ばします。APIが公開されておりサードパーティによるアプリ開発も可能です。

現在「Kickstarter」で資金調達中ですが、すでに予定額の2倍を超える人気。95ドルで3Dプリンター用データのみを購入して自作することも、235ドルで普通に購入することも可能です。本格的ドローンのわりに低価格なのも、心臓部は自前で用意するからかもしれません。

今時のドローンは強力なCPUと各種センサー、カメラなどを搭載しており、頭脳部はほとんどスマートフォンと変わらない、いわば「空飛ぶコンピュータ」です(実際、処理性能は10数年前のパソコン並みにはあるでしょう)。そして、ルートを指定して自律飛行できるドローンが増えてきたという事実と合わせて鑑みれば、ドローンの心臓部にスマホをそのまま入れてしまえ、という発想も、あながち的外れだとは言えないのです……多分。

 

文/倉田吉昭

関連サイト
PhoneDrone Ethos製品情報
Kickstarterページ