カーナビ7社、進化の動向を探る【三菱電機編】

2015年秋モデルが発表され、役者の揃った今期のカーナビ最新モデル。大手メーカー7社ごとに進化の動向を探り、進化のキーワードともに、その実力と魅力を明らかにする!

関連記事
カーナビ7社、進化の動向を探る【パナソニック編】
カーナビ7社、進化の動向を探る【カロッツェリア編】
カーナビ7社、進化の動向を探る【ケンウッド編】
カーナビ7社、進化の動向を探る【クラリオン編】
カーナビ7社、進化の動向を探る【イクリプス編】
カーナビ7社、進化の動向を探る【アルパイン編】

三菱電機進化のキーワード 音質追求

プライベートな空間である車内の音響・音質を向上させることで、ドライブ中の快適性が大きく向上。ドライブが単なる移動ではなく、音楽を楽しむための場になる。自宅でも音響にこだわる人には車内でもハイレベルな音質を楽しめる。

音質追求がもたらすメリット
●車内を極上の音質空間にできる
●ドライブの快適性がアップ

 

高速化した高音質オーディオナビ
三菱電機
DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ100
実勢価格:18万3600円

同社のハイエンドオーディオ「DIATONE」の名を冠し、音質に徹底的にこだわったモデル。「ハイエンドオーディオ&ナビ」と呼ばれ、新たにハイレゾ再生にも対応し、操作に対するレスポンスを大幅にスピードアップさせた。

02
▲このモデルよりナビ操作時のレスポンスが大幅に向上。起動やメニュー表示も高速になり、ナビの使い勝手がアップした。

 

音源・音響にもこだわる

ハイエンドオーディオ向けのパーツや、ナビ部とオーディオ部を分離させた構造でノイズを低減するなど、音質を徹底して追求。純正スピーカーのままでも、驚くほど高音質で音楽を楽しめる。新たにハイレゾ再生に対応。

03
▲192kHz/24bitまでのFLACと96kHz/24bitまでのWAV音源の再生に対応。ハイレゾに対応したことで、さらに高音質に。

04
▲スピーカーの配置を変更できない車内においても、スピーカーの中央に座っているような音響を実現する調整機能を搭載。

 

文/増谷茂樹 撮影/松川忍

※『デジモノステーション』2015年12月号より抜粋

関連サイト
DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ100製品情報