5万円以下を狙え!“超ハイコスパ”なレコーダー3選

充分な性能を備えた製品が今なら驚きの低価格に!

かつて実用域は10万円前後と言われていたレコーダーだが、近年は着実に低価格化が進行中。特に秋のシーズンは新製品への切り替えが数多く行なわれるため、充分な実力を備えた従来品が驚くほどの低価格になっていることがある。その狙い目はずばり“5万円以下”の“500GB×2チューナー搭載”モデルなのだが、メーカーによっては大容量の1TBモデルや3チューナーモデルなど、より高性能な製品が選べることも。さらに憧れの全録モデルもBDドライブ非搭載タイプならアンダー5万円突入を期待できる。

ただし、この時期の製品価格はかなりの水モノ。店頭で価格をチェックした翌日に1万円以上値上がりすることもザラなので、安いと思ったらその時にすぐ買っておくべき。買い時を逃さない、一期一会の気持ちで格安モデルを探してほしい。

 

スペックに出ない点も上質な買い得スタンダード機
パナソニック
ディーガ DMR-BRW500
実勢価格:3万8900円

20151111_001_002

BDレコーダーに今、最も力を入れているメーカーの1つがパナソニック。最大の美点は、独自開発の高性能LSI「ユニフィエ」による高画質と快適な操作性。これにより優れた長時間録画モードの画質や、複数操作を同時にこなせるマルチタスク性能など、ストレスフリーな使い勝手を実現している。BDレコーダーとしては群を抜いてコンパクトなボディにより設置のしやすさも◎だ。

20151111_001_003
▲4Kビデオカメラで撮影した動画を内蔵HDDに取り込めるのは現時点で「ディーガ」だけ。

SPEC
同時録画:最大2番組 内蔵HDD:500GB リモート視聴:○ USB HDD増設:○ 本体サイズ:W430×H41.5×D179mm チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×2 最長録画時間:約675時間(15倍モード) BDドライブ:○

【アンダー5万円でもココがスゴイ!】
Wチューナー「ディーガ」をフルに楽しめる
20151111_001_004
▲最大15倍の長時間録画モードとダブルチューナーを駆使して気になる番組をどんどん録画可能。500GB HDDに最大675時間録り貯めることができる。

 

優れた基本スペックに加えiVスロットというオンリーワンが光る
マクセル
アイヴィブルー BIV-TW1000
実勢価格:4万8400円

20151111_001_005

アンダー5万円の低価格ながら、1TB HDDと3チューナーを搭載する高性能モデル。その上で、内蔵HDDとは別にカセット型HDD「iV」(別売)を装着できるスロットを2基用意。事実上無限にHDD容量を拡大することができるのが特長だ(USB外付 HDDの増設には非対応)。

20151111_001_006
▲1TBの「iV」メディアは1万円程度。USB HDDよりは高価だが、録画番組を別の「iV」対応機器で自由に再生できるなど取り回しに優れる。

SPEC
同時録画:最大3番組 内蔵HDD:1TB カセットHDD増設:○ 本体サイズ:W430×H55.9×D277.7mm チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×3 最長録画時間:約1089時間(12倍モード)BDドライブ:○

【アンダー5万円でもココがスゴイ!】
1TB HDD+「iV」増設対応!
20151111_001_007
▲ただでさえ大容量の1TB HDDを内蔵しているのに加え、「iV」スロットを使ったHDD増設にも対応。さらにBDドライブ&3チューナー内蔵と圧倒的な充実度だ。

 

全録に特化することで驚きのロープライスを実現!!
東芝
REGZAサーバー D-M470
実勢価格:4万8300円

20151111_001_008

BDドライブをカットするなど、機能を全録に特化することで超低価格を実現したHDDレコーダー。内蔵2TB HDDに、6チャンネル×直近最大7.5日分の地デジ番組を丸ごと一時保管できる。通常録画用のチューナー(こちらはBS・110度CSデジタル放送の録画にも対応)も1基搭載しており、これをタイムシフトマシンに切り替えることで最大7chの全録も可能になる。

20151111_001_009
▲大量の録画番組の中からおすすめ番組を提示する「ざんまいプレイ」で効率的な視聴が可能。

SPEC
全録:最大7ch対応 内蔵HDD:2TB リモート視聴:○ USB HDD増設:○ 本体サイズ:W361×H50×D200mm チューナー:地デジ×7(6系統は全録専用)、BS・110度CSデジタル×1 最長録画時間:約7.5日分(6ch全録時) BDドライブ:─

【アンダー5万円でもココがスゴイ!】
「タイムシフトマシン」を手軽に導入!
20151111_001_010
▲機能制限が大きいので従来型のBDレコーダーと合わせて運用するのが賢い使い方だ。「REGZAブルーレイ」とのコンビならネットワークを経由しBDダビングも!

 

文/山下達也(ジアスワークス) 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2015年12月号より抜粋

関連サイト
ディーガ DMR-BRW500製品情報ページ
アイヴィブルー BIV-TW1000製品情報ページ
REGZAサーバー D-M470製品情報ページ