えっ、10万円以下で買えるモデルもあるの!? 20万円以下で選ぶエントリー4Kテレビ

エントリー4Kテレビは店頭で確認して選ぶべし

急激な低価格化が進んでいる4Kテレビ。40V〜43Vクラスでは10万円に接近する驚異的な低価格機も登場している。これまではあくまでプレミアムな選択肢だった4Kモデルが、これなら「少しでも安く買い替えたい」という人にとっても現実的な選択肢となりそうだ。今後の4K放送普及なども見越して考えると、40V型以上のテレビの買い換えは4Kモデルを前提としたい。

ただし、これらの製品を選ぶ際に把握しておきたいのが、各製品が「何をそぎ落として低価格を実現しているのか」ということ。当然ながら、上位機そのままのスペックでこの価格を実現することは不可能だ。多くのエントリーモデルは液晶パネルや映像エンジンのグレードを下げることで低価格化を図っているのだが、その違いはスペックシートなどではわかりにくい。これらのモデルを選ぶ際は、ぜひとも実際に店頭に足を運び、サイズ感や画質面において自分の利用スタイルを損なわないモデルかどうかをぜひ確認してほしい。

【量販店でここをチェック!!エントリー4Kテレビの選びかた】
サイズ×解像感
50V型以上であれば文句なしに4Kテレビを選ぶべきなのだが、40V型クラスの場合は、置き場所によってはその利点を感じにくいケースも。このクラスのベストな視聴距離は目安はおよそ1.5mとされている。店頭で実際の視聴位置に立ってその違いを感じられるかをチェックしてみてほしい。

視野角
テレビで使われる液晶パネルは、視野角に優れるIPSパネル、コントラスト重視のVAパネルの大きく2種類に分類される。多人数でテレビを視聴する際は視野角の広い前者がおすすめだ。ただし、このグレードでは同じ方式のパネルでもその実力には大きな差がある。店頭で斜めから見るなどしてみよう。

各メーカーでの位置付け
メーカー各社によってカテゴライズがばらばらになりつつある4Kテレビ。例えば東芝は入門機である「G20X」シリーズでも、他社では最上位機クラスにしか搭載されていない直下型バックライトやHDR入力対応などを実現している。各社独自の位置付けなどにも注意して選ぶようにしたい。

 

図抜けた高性能を誇る4K入門機
東芝
REGZA 43G20X
実勢価格:16万1860円

20151112_001_002

「REGZA」4K最廉価モデル。(エリア駆動には非対応ながら)この価格帯では類を見ない直下型バックライト搭載、HDR対応予定というスペックが大きなアドバンテージとなっている。2番組同時録画しながら裏番組視聴も可能な3チューナー搭載など、基本性能もエントリーモデルとは言えないレベルだ。人気の定額制映像配信サービス「Netflix」にも標準対応する。

SPEC
画面解像度:4K 画面サイズ:43V型 バックライト:直下型 HDR:対応予定 チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×3 HDMI端子:×4 サイズラインナップ:55V型/49V型

20151112_001_003
▲特定ジャンルや人物に関するコンテンツ(放送予定番組、録画番組のほか、ネット動画なども)をまとめてくれる「みるコレ」機能。

20151112_001_004
▲ワンランク上の処理性能を実現する高画質エンジン「4KレグザエンジンHDR」を搭載。映像の精細感や色再現性などを高めている。

 

普及機だからこそ使い勝手にもこだわった一台
パナソニック
ビエラ TH-40CX700
実勢価格:15万9840円

20151112_001_005

4Kテレビへの低価格な移行を推進しつつ、最新世代テレビならではの付加機能を数多く搭載。液晶パネルはコントラスト重視(IPS方式と比べてやや視野角が狭い)のVA方式となっているが、用途次第では問題ないレベルだ。3チューナー搭載の録画機能は、宅外からのリモート視聴にも対応。外付HDDに録画した番組を他の対応機器でも視聴できるようにする「SeeQVault」もサポートしている。

SPEC
画面解像度:4K 画面サイズ:40V型 バックライト:エッジ型 チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×3 HDMI端子:×3 サイズラインナップ:55V型/50V型

20151112_001_006
▲付属リモコンのマイクに向かって命令することで、番組表や録画番組リストを検索できる「音声検索」機能にも対応している。

20151112_001_007
▲「Firefox OS」を新搭載。アプリによる機能追加やカスタマイズが容易など多機能ながら、操作感はシンプルで使いやすい。

 

サイズラインナップも多いスタンダードモデル
シャープ
AQUOS LC-40U30
実勢価格:17万2670円

20151112_001_008

「ひかりTV 4K」や「Netflix」などの最新4Kコンテンツに対応しネットワークサービスを充実させたエントリー「AQUOS」。番組表などのUIも4K解像度に対応しており、ストレスなく4K環境を満喫できる。40V型から最大58V型まで幅広いサイズラインナップを揃えているのも特長。

SPEC
画面解像度:4K 画面サイズ:43V型 バックライト:エッジ型 チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×3 HDMI端子:×4 サイズラインナップ:58V型/55V型/50V型

 

4Kテレビの低価格化はついにここまで来た!
LG
Smart TV 43UF6900
実勢価格:9万5520円

20151112_001_009

現行4Kテレビ最安値をマーク。飛び抜けて低価格ながら、視野角の広いIPSパネルを搭載するなど「安かろう悪かろう」にはなっていないモデルだ。他社に先んじて搭載したスマートOS「webOS 2.0」では、アプリを追加することで機能をカスタマイズすることができる。軽快な操作感も○。

SPEC
画面解像度:4K 画面サイズ:43V型 バックライト:エッジ型 チューナー:地上・BS・110度CSデジタル×2 HDMI端子:×2 サイズラインナップ:49V型

 

文/山下達也(ジアスワークス) 撮影/松浦文生

※『デジモノステーション』2015年12月号より抜粋
※価格情報は2015年11月12日時点のものです。

関連サイト
REGZA 43G20X製品情報ページ
ビエラ TH-40CX700製品情報ページ
AQUOS LC-40U30製品情報ページ
Smart TV 43UF6900製品情報ページ