現代の忍び道具!? 巻物型ソーラーパネルでござるよ、ニンニン

あるいは、昔のカメラのフィルムにも似ているでござるな。

太陽さえ出ていればモバイル機器をある程度は充電できる、そんな気軽さが人気のソーラーチャージャー。でもパネルが小さいと発電量が少ないし、大きなパネルは持ち運びにかさばる……ということで、フィルム状のソーラーパネルをくるくる巻いて収納できるコンパクトなソーラーチャージャー『HeLi-onです。

digimono_helion03

digimono_helion04
▲持ち運びやすくて発電量もある、ポータブルソーラーに求められる性能を見事に押さえています。

収納時にはズボンのポケットに納まるサイズ、パネルを引き出せば大きなサイズで太陽光を受けることができるとあって、携帯性と発電量のいずれにも優れたアイテムとして注目が集まりそうですね。説明によれば、直接つないだスマートフォンもしくは内蔵バッテリーのフル充電にかかる時間は2〜3時間程度とのこと。天候にもよるとは思いますが、アウトドアシーンではかなりありがたい存在になってくれそう。

digimono_helion05
▲まさに巻物。最大伸長時にはけっこうな長さになります。

唯一気がかりなのはペラペラのフィルムになったソーラーパネルの強度ですが、この辺りは実物を使ってみないとなんとも言えないところですね。入手は『Kickstarter』にてお値段625デンマーククローネから。クローネだとわかりにくいですけれど、日本円にするとおよそ1万1000円くらいです。

 

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
製品ページ
Kickstarterページ