ペンが良い感じに進化!『Surface Pro 4』は買いな気がする

2015年11月12日、日本マイクロソフトは、同社のPCブランド「Surface」の第4世代モデルとなる『Surface Pro 4』を発売しました。そして、発売に合わせて「Surface Pro 4発売記念&アンバサダーキックオフイベント」イベントを開催。これは幅広いユーザーにSurfaceを使ってもらい、Surfaceの良さを広げていくというコンセプトの一般ユーザー参加型のイベントです。デジモノステーションもしれっと参加して、『Surface Pro 4』をチェックしてきたので、どんな感じだったかお伝えしてみたいと思います〜。

00002
▲イベントでは、イラストレーター/クリエイターの堺 大輔 氏、JB Style 氏、フランキー・スィヒ 氏によるトークセッションが行なわれていた。

さてさて、まず『Surface Pro 4』のスペックですが、CPUは第6世代Coreプロセッサを搭載。Skylake世代のやつですね。Core m3/i5/i7がラインナップされています。メモリは4/8/16GB、ストレージはSSDで128/256/512GBとなります。
ぱっと見は『Surface Pro 3』にそっくりですが、液晶は12型から12.3型へと一回り大きくなっています。解像度も2160×1440ドットから2736×1824ドットに変更されていて高精細に。

00010
▲キックスタンドは健在。画面の傾斜は自由自在です。

00003
▲前面カメラはWindows Hello顔認証対応。自分の顔だけでサインインできます。

「Surface」と言えばのペンも進化してます。付属のペンも新たなものになり、256段階から1024段階の筆圧検知に。実際に書いてみると、従来よりも視差が少なくなっているように感じました。ペン側にバッテリーがなくなったので軽く、角張った形状になったので持ちやすくなったかなーと思います。さらに、オプションにはなりますが、太さや書き味の違うペン先が用意されているのもポイントですね。

00007 00004
▲ペンは1本付属してます。

00005
▲気になる書き心地ですが、従来よりもだいぶ自然に書ける印象。視差もだいぶ少なくなっているので、デジタルノートとして使えそうなレベル。

00006
▲ペンは本体の横にマグネットでぺたりとくっつきます。結構しっかり付くので、簡単には落ちなそう。

タイプカバーも進化。『Surface Pro 3』との互換性を持たせつつ、19mmのキーピッチと1.3mmのストロークを確保しています。薄型化されているようですが、パンタグラフ式の機構により打鍵感は十分ありました。タッチパッドの面積も40%アップしており、5点タッチに対応するので、ジェスチャー操作も可能です。

00008 00009
▲別売のタイプカバーは従来よりも打ちやすくなった気がします。実売価格は1万7710円とちょっとお高めですが、必須のオプションでしょう。

そんなわけで短時間の試用でしたが、なかなか良い感じの『Surface Pro 4』。完成度が高まっています。まずはCore m3とCore i5搭載モデルから発売開始で、Core i7搭載モデルは12月発売となります。
スペック的にバランスが良さそうなのはCore i5、メモリ8GB、SSD 256GBのモデルかなあ……。11月15日までビックカメラ有楽町店とヨドバシカメラマルチメディアAkibaの店頭でタッチ&トライ イベントが開催されているそうなので、気になる人はチェックしに行ってみてはいかが?

000111 00012

 

文/こばやしなおき(編集部)

関連サイト
Surface Pro 4製品情報ページ