こんなのあり!? ネイルアート用プリンタって女子的には欲しいかしら?

そろそろ年賀状を印刷しなきゃ、ってそうじゃない!

家庭用プリンターといえば、書類やハガキなどの紙はもちろんのこと、CD、DVDなどのラベル印刷にも活用できるモデルがありますよね。それを人体に対しても使ってしまおうというのがNailbot、その名の通りのネイルアート用プリンターです。もちろんネイルに印刷する際には、指をプリンターに「ブスッ!」と突っ込むことになります。

クレードルに装着したスマートフォン(iPhone5以降とGalaxy S4、S5に対応)の専用アプリから絵柄を選んで印刷するのですが、どうもアプリ内に用意されている画像から女子力の高さがさっぱり感じられないのが悩ましいところ。TwitterやインスタといったSNSのアイコンまではギリギリ許すとして、フロッピーディスクの絵ってどうなのよ? もう若い子は知らないわよ、フロッピー。

digimono_preemadonna02
▲簡単なステップでネイルできるのはいいけど、絵柄のセンスにアタシと同じオッサンのにおいを感じるわね。

ちなみにこの『Nailbot』、なにからなにまで全自動というわけではなく、プリントする前に白のネイル下地は自分で塗っておく必要があります。あと最後のトップコートや仕上げも手動ですね。まだちょっと発展途上な感じもありますが、将来的には3Dプリンタもついて立体的にモリモリとデコれるようになったりするんでしょうか。

digimono_preemadonna03
▲ぜひ女子の皆さんの感想を聞いてみたいプロダクトです。

なお「Indiegogo」で資金調達チャレンジの真っ最中ですが、出資者の集まりは「ぼちぼち」といったところ。「このプロダクトの今後の発展に期待したいわ!」というセレブな貴女は手助けしてあげても良いかもしれません。出資枠は一口20ドルから(製品が入手できるのは149ドルから)です。

 
文/ワタナベダイスケ

関連サイト
Indiegogoページ