コバエよさらば! ゴミ箱のフタに設置できる害虫ホイホイ【虫画像注意】

簡単なことだけれど、なぜか思いつかなかったナイスアイディア。

生ゴミが多いときなど、非常に気になるばかりか不衛生なのが、ゴミ箱やゴミ捨て場にたかるコバエなどの害虫。ああ、もう想像するだけで気持ちが滅入ってきます。コバエの寄り付く場所の近くに置くタイプの捕獲殺虫剤は今までもありましたが、やはりなかなか引っかかりにくかったんですよね。かといって頻繁にスプレー殺虫剤を吹くのも抵抗があるし……。

digimono_flytrap02 digimono_flytrap01
▲『Garbage Can Fly Trap』の外観と仕組み。六角形の部品がカートリッジ。

そこで、ハエの目的地であるゴミ箱のフタに取り付ける捕獲殺虫剤が登場。その名も『Garbage Can Fly Trap』です。フタに穴開け加工をする必要がありますが、一度設置してしまえばハエ取りカートリッジはボタンひとつでゴミ箱に直行で処分できますし、カートリッジ交換だけで繰り返し使えるのもメリット。なんといっても、設置する場所が絶妙なおかげで、ゴミ箱にたかるハエに高い効果が期待できそうな気がしますよね。

その実力のほどは、以下のプロジェクト公式動画でどうぞ(注:虫が苦手な方はご注意ください!)

さて、このアイテムの注文は「Indiegogo」へどうぞ。15ドルで本体とカートリッジ3個のセットから、追加のカートリッジ、あらかじめゴミ箱に取り付け済みのモデルなどなど、多くのバリエーションを入手できるようになっています。とはいえ、消耗品のカートリッジを近所のドラッグストアで気軽に買えるようになると嬉しいですよね。クラウドファンディングも良いのですが、日本での正式販売が決まるともっといいんですけれど。

 

文/ワタナベダイスケ

関連サイト
製品情報(現在はIndiegogoのプロジェクトページへリダイレクトされる模様)