エア卓球の未来がここに!光を打ち合う『BLASTER BALL』

暗がりで光る球体を激しく打ち合う2つの影……。

未来の卓球はこんなSFシーンのようになってしまうかも、と思わせてくれる家庭用ゲームが『BLASTER BALL』。テーブルに置いたコンソールが投影する球体を暗い部屋の中で打ち合うというシンプルなゲームなんですが、光は天上や壁まで飛び出すので、自然とアクションが激しくなっちゃうというわけ。ポイントもコンソールが自動でカウントしてくれるので、心ゆくまでプレイに没頭できますよ。

Dmono_pingpong02
▲米国で売っているオモチャなんですが、日本へも発送しているFancy.comで同じモノが『インターギャラティック ラケットボール ゲーム』という名前で販売されています。

本体は単三電池7本でどこでも使えるし、6歳以上から楽しめるので、大人から子どもまで大盛り上がりになること間違いなし。価格は59.95ドルとお手ごろなので、パーティーグッズとして、あるいはオフィスのリクレーショングッズとしてもちょうどよさげ。おひとりさまでも楽しめるソロプレイモードもあるので、運動不足解消にも役立てられちゃうカモね。

 

文/野々下裕子

関連サイト
BLASTER BALL製品情報
Fancy.com販売ページ