年中部屋に出しておきたい。デザインで選ぶ最新空調家電【加湿器編】

デザインだけでなく性能も吟味して選ぼう

数ある家電カテゴリーの中でも、最も“玉石混淆”度が高いのが加湿器だ。作りがシンプルなことから、有名・無名メーカーを問わずに数多くのモデルが揃っている。

加湿器はヒーターで水を熱して蒸発させるスチーム式、フィルターに風を送って気化させる気化式、水を超音波で破砕してミスト化する超音波式、複数の方式を組み合わせたハイブリッド式に分かれる。スチーム式は衛生的ながら消費電力が高くて室温が上がりやすく、気化式も衛生面では比較的安心ながら小型化しにくい特徴がある。超音波式は小型化しやすく省エネ性も高いものの、雑菌のわいた水でもミスト化するため、そのままでは衛生面に問題がある。

最近は衛生対策を施したモデルも増えている。しかし雑貨店などにあるかわいい加湿器の多くが超音波式で、ほとんど衛生対策が施されていない。デザインだけで選ぶと後悔することもあるので注意しよう。

 

タンクの水量や部屋の湿度をイルミネーションで表現
シャープ
S-style プラズマクラスター 加湿機 HV-EX30
実勢価格:3万2800円

20151102_002_002

運転モードや部屋の湿度状況、タンクの水量などを前面のイルミネーションで表現する気化式加湿機。温度と湿度のセンサーで自動的に最適な湿度になるように運転してくれる。プラズマクラスター7000のみを放出するモードも備えている。

SPEC
適用床面積:5畳(8平方m) タンク容量:2.4L 運転音:最小21dB サイズ:W345XD207XH347mm 本体重量:約3.5kg センサー:温度・湿度 消費電力:強:8/弱:3.5

20151102_002_003
▲本体前面に配置されたLEDが、現在の湿度の目安やタンクの水切れ状況、運転モードなど、加湿状況を視覚的にお知らせしてくれる。

20151102_002_004
▲給水タンクは中まで手を入れて洗える広口タイプを採用。別売のAg+イオンカートリッジを利用すれば、さらに清潔に使える。

 

「クレベリンLED」で部屋を丸ごと除菌・消臭!
ドウシシャ
クレベリン LED搭載 mood超音波式 加湿器 KMWQ-301C
実勢価格:2万1600円

20151102_002_005

除菌やウイルス除去が可能な「クレベリン」の大幸薬品とのコラボにより、二酸化塩素による除菌・消臭機能を備えた超音波式加湿器。交換式のカートリッジにLEDの光を当てることで二酸化塩素を発生させる。

SPEC
適用床面積:8畳(14平方m) タンク容量:3.0L クレベリンLED:1個付属 サイズ:W300XD100XH300mm 本体重量:0.0kg 付属品:クレベリン LED カートリッジ1個/抗菌カートリッジ

20151102_002_006
▲給水タンクは約3Lで、強運転時で約10時間の連続加湿が可能。二酸化塩素発生機能だけ使うこともできる。

20151102_002_007
▲交換式のクレベリンLEDを装着して使用する。カートリッジの交換目安は1日8時間の使用で約3カ月だ。

 

1800ml/hもの強力な加湿性能を実現
ダイニチ
ハイブリッド 加湿器 HD-181
実勢価格:8万1000円

20151102_002_008

1時間あたり1800mlもの強力な加湿機能を備えながら、最大42dBと静音性も兼ね備えたハイブリッド式(気化式+ヒーター)の加湿器。給水タンクも大容量なので、最大加湿量でも6.7時間の連続運転が可能だ。

SPEC
適用床面積:50畳(82平方m) タンク容量:12L(6L×2個) 運転音:最小15dB サイズ:W450XD348XH410mm 本体重量:9.2kg 電源コードの長さ:2.0m 消費電力:最大390W

20151102_002_009
▲本体天面に操作ボタンをすべて配置している。1%刻みの湿度表示は、運転停止中でも表示が可能だ。

20151102_002_010
▲本体左右に6Lずつの給水タンクを配置することで、12Lもの大容量タンクを実現。広い部屋も長時間加湿可能。

 

文/安蔵靖志 撮影/下城英悟(GREEN HOUSE)

※『デジモノステーション』2015年12月号より抜粋

関連サイト
S-style プラズマクラスター 加湿機 HV-EX30製品情報ページ
クレベリン LED搭載 mood超音波式 加湿器 KMWQ-301C製品情報ページ
ハイブリッド 加湿器 HD-181製品情報ページ